愛と追憶の日々の作品情報・感想・評価

「愛と追憶の日々」に投稿された感想・評価

giri

giriの感想・評価

3.8
前半はジェフダニエルズびいきに見てしまい当の母娘に感情移入できなかったけど、後半は結構良かった。

ジャックニコルソン好きだけどちょっと気持ち悪い。
Cleo

Cleoの感想・評価

2.9
単調なんだけどこれが現実なんじゃないかっていう人生のストーリー。
ss

ssの感想・評価

-
あらまぁ、ジャック・ニコルソンもいるじゃない!
てっきり母と娘の長〜い確執のお話かと思いきやそうでもなかった。

末っ子赤ちゃんのミシュランの腕に釘付け!👀あのムニムニの腕には幸せがいっぱい詰まってる〜♬

「家族は1番分かり合えて、かつ1番分かり合えない存在」
何かの本でこの一節を読んで「そ、そうなのよぉおおお!」と本をビリビリぃ!と引き裂いてしまうんじゃないかと思うくらい共感したことを思い出した。
力強い味方だけど、味方じゃなくなった瞬間から目の上のタンコブ。疎ましい。でも無視できない。
このシーソーのように浮かんだり下がったりする様子がとっっても凝縮されている。

2019/5/22
y

yの感想・評価

3.7
す..すごく宇宙飛行士ギャレットの顔が暑苦しい..暑苦しいよー!!主人公の母親、未亡人オーロラへの初ナンパは鳥肌どころじゃなかったよー!

なんだか見ていて痛々しくなるようなバカなことをバカなことだと理解してやっている人たちだと感じました。でもそれを誰かのせいじゃなく自分のせいにする責任は持っている。1番まともに見えた娘エマの夫が1番人として弱く狡くて私はムカつきます。

誰に対しても適当であろうとする、でも本当は誰かを大事にしたい大切にするのが怖いロマンチストなギャレット。親友みたいにいつも一緒で互いに依存し周りの愛情を試すようなことをする、似ていないようでそっくりな母娘のオーロラとエマ。面倒だなぁとかいやそれはちょっと..と思うのに何故か可愛く見えてきてしまって、結局憎めなくなってしまう人たちの映画です。

好き嫌いははっきり分かれるだろうけれど私はまた見たいと思う映画。あの最後は狡いです😌何はともあれ次男テディが可愛い!色んな意味で末恐ろしいなー(´ω`)
設定や、音楽などがいかにもアメリカ的でよかった。

母親と娘の関係って特別なのかもしれない。

最近そう感じることが多いときにみたから、
余計に思いが強くなった。

そして、親にとって子を先に亡くすことほどの哀しみはないのかもしれない。

ジャックニコルソンがええスパイス。
Karin

Karinの感想・評価

4.5
ジャックニコルソンとシャーリーマクレーン!これにつきる
お母さんの愛だな…長男への言葉よかった
Taka29

Taka29の感想・評価

4.0
ああ...。シャーリーマクレーンよ😢やっと貴方も賞をもらったのですね,..。

母オーロラと娘エマのお話。

母オーロラ・グリーンウェイをシャーリーマクレーン、娘エマ・グリーンウェイをデブラウィンガーが演じた。

ずっと僕は、若い頃のシャーリーマクレーンの映画を見てきました。あなただけ今晩は、アパートの鍵貸します、ハリーの災難というふうにねw
なので今回は40代後半ぐらいの彼女を見ようと思ってレンタルしました😊決して変態では、ありませんw

ずっと演じ方を決して変えなかった彼女がみのってこのアカデミー賞主演女優賞...。

キャストも豪華で、ジャックニコルソン彼も助演男優賞を受賞したし、演技派のジェフダニエルズも出演しています。

家族愛がテーマなのかな🤔夫婦。浮気。恋そして別れ。人にはそれぞれある。

儚くも悲しいヒューマンドラマでもあり、人間でのありかたを教えてくれる名作。

シャーリーマクレーンの作品てなんでこんな良い映画なんだろうか...。
サチ

サチの感想・評価

3.8
職場の方から猛烈におススメされ、DVDまで持って来て下さったので、これは もう 観ない訳にはいかないでしょう^_^;
と言う事で鑑賞。

ここ最近、現実離れした映画を観ていたので、ようやく現実の世界に戻ってきたような感じです。

温かい良い作品でした^ ^
シャーリー・マクレーンってキュートだな。
観て良かった。
kiki

kikiの感想・評価

3.5
母親は大変。。。
子供も大変。。。

父親はどうしようもないね。。。

隣人はいい人‼︎
こうまでならないと人間わかりあえないものか〜〜〜と思って、観たあと何か少し落ち込んだ

ジャック・ニコルソン、オールジャンルで闘える役者なの本当に凄いと思う



シャーリー・マクレーン、やっとこれでオスカーを獲ったときに「おせ〜よ」みたいなスピーチしててウケる(式に参加した皆さんも爆笑)
確かにそうだよね、あなた『アパートの鍵貸します』で貰うべきだった
>|