マルサの女の作品情報・感想・評価

「マルサの女」に投稿された感想・評価

コロンボを彷彿とさせる構成と展開。
スタンダードサイズは今観ると窮屈感がすごい。
山崎努の愛人の「ダメよ〜ダメダメ」がリズムも発音も完全にエレキテル連合のギャグのまんまだったんだけど、本作が元ネタなのかしらん?
テンポよく牽引力あるストーリー作品が好みなので非常に楽しめた。
chiomin

chiominの感想・評価

3.8
昔観た記憶なので
細かい所は覚えていませんが
面白かった記憶…。
TAKAHIRO

TAKAHIROの感想・評価

3.6
脱税摘発の超プロフェッショナル、日本のタックス・ポリス、国税局査察部─ 人呼んで彼らをマルサという。
税務署の調査官・板倉亮子は、ある日、一軒のラブホテルに目をつけるがオーナーの権藤はなかなかシッポを出さなかった。そんな時、亮子は国税局査察部に抜擢される。摘発のプロとして経験を積んでいった亮子は、上司の花村と組んで再び権藤と相対するのだった……。
tata

tataの感想・評価

4.1
面白い
つ

つの感想・評価

-
父親の強い勧めで

よかったです
ひまお

ひまおの感想・評価

3.8
ラブホ経営は脱税しやすいらしい、領収書もらう人いないから。
山崎努の余裕ぶっこいた顔から、隠し金庫見つかって情けない顔するところの切り替わりが見どころ。
酒片手に金の貯め方を操作員に講釈垂れてるところで偶然金庫の場所バレちゃうところ、ほんと一瞬。

不正を正すテーマの映画は不正側にヘイト抱きがちだけど応援したくなる。それは誰もが大小あれど後ろめたい隠し事があって、山崎努の演じるキャラに重ねてしまうから。

あと画面比率がせまいやつだから、昔の平日夜9時からやってた2時間ドラマスペシャル感がある。昔の2時間ドラマはエロシーンが割と多かったところも似てる。
金、脱税=エロス、秘事 的なメッセージかね。

今年も確定申告の時期だな、と観ながら思った。たまたまだけど。
たいち

たいちの感想・評価

4.1
宮本信子さんへ

好きです

たいちより
名言乱発
マルサ界のジャックニコルソン見れます
>|