桔梗F

36 PASOSの桔梗Fのレビュー・感想・評価

36 PASOS(2006年製作の映画)
4.3
アルゼンチンの鬼才ボグリアーノ監督の
ソリッドシチュエーションホラー( ;∀;)

原因もわからず、ある屋敷に誘拐軟禁された美女6人。
生き残る為の3つの簡単な規則。
沈黙、服従、そして喜ぶこと
全部でステップは「36」。

果たして6人は全てを乗り越え生き延びることができるのか!?6人の美女がこの規則を破る時、彼女たちは惨殺される…。
※美女全員、基本ビキニです(^o^)
しかもほんとにみんな美女(|| ゜Д゜)

ソリッドシチュエーションホラーと言っても「SAW」みたいなのを期待すると爆死です(^o^)

どちらかというと、70~80年代初期ホラーやイタリアのジャーロへのオマージュ映画となっています( ;∀;)
ピータージャクソンの初期映画も入ってるでしょうか…

「悪魔のいけにえ」やフルチ監督の「墓地裏の家」などなどわかりやすいオマージュも。

序盤から中盤までは、時系列と話のつながりがわかりにくく、
「なんだこれ?イミフ」と入り込めない方もいるかも(^-^;

美女6人が楽しくキャッキャして遊んだり、時には拷問されたりと明と暗の部分がごちゃ混ぜに。
またBGMも状況と合ってたり、合ってなかったり。

いきなり各美女の誘拐時シーンが挿入されたりと、まあついていきにくいです(;゜∇゜)

へっぽこジャーロ慣れしてれば、まったく苦じゃありませんが(^o^)

恐るべきは終盤の急展開(|| ゜Д゜)

美女6人のサイケな全裸監禁拷問シーンから終盤の超絶スプラッターまで、もう目が点(゜_゜;)

あ、ちなみに監禁洗脳シーンは全員全裸でおつぱい、アンダーヘア丸見えなので注目!※無修正

口を焼きごてで潰され、キチ○イと化した「ビキニチェンソー・エミリア無双!」の破壊力は近年のどんな殺人鬼よりヤバいです( ;∀;)

終盤だけでもホラーファンは必見!かと( ゜o゜)

美女6人が誘拐された真相がわかる衝撃のオチなども素敵です(^o^)

「悪魔のいけにえ」へのオマージュというか、
「誕生日はもう来ない」へのオマージュ…ゲホンゲホン!

もうボグリアーノ監督は天才としか言いようがない常人の理解を越えたセンスなので、マニアだけにはお勧め(^-^;

世間の評判はよくないので、あまり期待をしないでください(;・∀・)
ジャーロ慣れしてないとただのカス映画に。