ピートロ

ミュンヘンのピートロのレビュー・感想・評価

ミュンヘン(2005年製作の映画)
4.1
最近、読んだ映画の本に、本作の電話機爆弾のシークエンスがそれぞれの位置関係をとてもわかりやすく撮影していてすばらしいと書いてあった。
あと先日、町山智浩がスピルバーグ作品で1位だとツイートしていた(その時によりころころ変わるだろうけれども)。
歴史的背景を知らないと複雑なストーリーであるが、舞台ごとに異なる映像の質感や、説明が極力省略された演出により、とてもかっこよくあきさせない。
緊迫したシーンで流れるジョン・ウィリアムズのドンドッドッドという劇伴が耳に残った。