りんりん

永遠の僕たちのりんりんのレビュー・感想・評価

永遠の僕たち(2011年製作の映画)
3.8
ガス・ヴァン・サント作品を連続でみている。
やはり、目の演技がどの主人公も秀逸。

最後の終わり方、とても好きだった。

彼の作品は、映像のもつ力のものすごさをじんわりと伝えてくれる。

日本の特攻隊の話も織り込んでおり、最近の彼は日米や戦争、死について関心がうつってるいると感じた。
(人間の感情を描くものという大きなテーマから、戦争・死という、もう少し具体のテーマを感じた)

加瀬亮さんの英語がきれいだった。
彼はガス・ヴァン・サント作品のファンなのだろうか。キャスティングの経緯が気になった。