ひさし

永遠の僕たちのひさしのレビュー・感想・評価

永遠の僕たち(2011年製作の映画)
4.1
美しくて儚い
儚くて美しい

映画に大きな起伏はないけどじんわりくる

死への捉え方
これからの死への向き合い方、どう向き合っていきたいのかを伝えたかったのかな
現実から逃避をしたくなるけど、それに向き合ったとき、覚悟ができたとき大事なものが見えてくる。
死への尊敬。その人への尊敬。その人の物語への尊敬。その人を取り巻く環境、想いへの尊敬。

ただただ美しい…