ダスク・オブ・ザ・デッドの作品情報・感想・評価

「ダスク・オブ・ザ・デッド」に投稿された感想・評価

安部

安部の感想・評価

2.8
ウニみたいな寄生体に追い詰められる低予算パニック映画。ゾンビは出てこない。
野外でおっぱじめようとしたカップルと犯罪者&薬中のカップルがいきなり出てくるのでホラー映画的にどっちが先に死ぬのが正解かを本気で考えてしまった。

アウトレイジもドン引きするケジメを見たい人にオススメ。
本能の恐怖

キャンプに出かけたカップルが遭遇した、ヒッチハイカー。
女1人かと思い車を停めた所に拳銃を持った男が現れ…
指示に従い車を走らせるが何かを踏んでパンク、タイヤを交換し終えたが連れの女がどうしてもトイレに行きたいとスタンドに立ち寄る。
女がトイレのドアを開けると、そこには全身トゲだらけの男が!
「助けて…」と呟きながら女を襲い、残りの3人にも飛びかかってくる…

大好きな寄生感染ホラー。
全身が棘の何かに感染して、本人の意志とは関係無く襲ったり体が捻じ曲がる姿が◎
その寄生生物(?)の特色等を、普段は役に立たないカップルの男が考察して打開策を打ち出す場面は少しカッコイイw
原始動物故の人間の考えでは当てはまらない怖さが良い。
原題は「splinter(破片)」と些細な傷や綻びから大きな恐怖に変わる意味合いでつけたと思うけど、日本題の「ダスクオブザデッド」だと意味が分からないwww
「死者の夕闇」てなんなんwww
未知の恐怖が恐ろしい面白い映画なので是非!

冒頭のアライグマの人形感好きw
町全体のゾンビパニックではなく、まさかの密室劇。テンポよく話が進んだ印象です。
よ

よの感想・評価

4.0
刺されれば感染するバイオウニとの籠城戦!82分の短さなのでテンポよく進む。「ザイゴート」よろしく犠牲者同士がくっついた怪物の造形も良く、そこそこスリリング。突っ込みどころはあるが、丁寧かつ王道な良作B級映画。せっかくウニなのに、串刺しシーンは無し。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.0
‪「ダスク・オブ・ザ・デッド」‬
‪このダサい表紙に騙されずに一度目にして欲しい良作なホラー映画として勧める本作は一本の棘が人間に寄生しゾンビ化し容赦無く人を襲う…最初観た時の面白さは今でも覚えてる。不気味でグロテスクに変貌する化物…外から密室へ変わる恐怖とアクションが堪らない一作だ!‬
先端恐怖症。
ニハル

ニハルの感想・評価

3.5
キングコングのシェーウィガムさんに惚れて鑑賞。
邦題に反して実際出てくるのはゾンビでもリビングデッドでもなくヴェノム風のトゲ生命体で、周りの人間を殺しまくります。
ぱっと見B級感満載ですが、手に寄生したトゲが何人も殺すシーンは怖いを通り越して笑えます。
豚肉

豚肉の感想・評価

1.9
謎のトゲトゲが人を襲う。
トゲが身体にちょっとでも刺さると寄生され化け物になってしまう。

低予算感は出てますがパニック感はまあまあ。登場人物達が警察含め無能ばかりでかなりイライラさせられる。

グロシーンや化け物も一瞬しか映してくれないが、寄生され化け物になった姿は頭おかしいデザインで不気味で結構好きです。
ウニゾンビとの戦い

低予算ながら、かなりよくまとめられていた。
登場人物が6人(ほぼ4人)しかいないのに、尺を稼ぐダラダラしたシーンも少なく、またそれによって感じる少人数の限界さも全くない。そしてラストも、こういう映画に求める終わり方で良かった。
Tylor

Tylorの感想・評価

2.5
B級モンスターの中でもトップクラスの素早さと動きのキモさ
>|