ノット・レイテッド アメリカ映倫のウソを暴け!の作品情報・感想・評価

「ノット・レイテッド アメリカ映倫のウソを暴け!」に投稿された感想・評価

R

Rの感想・評価

4.4
一般人にとっては18歳を超えると全く気にならなくなる映画のレイティングシステムだが、映画を作る側からするとかなわんわ、というわけで、アメリカのレイティングを決定する極秘組織MPAAの実態を暴いていくドキュメンタリー。アメリカのレイティングはG/PG/R/NC17にわかれてて、NC17(17歳以下の子どもは見てはダメ)がつくとプロモーションが困難になり、オーディエンスが相当限定されてしまうことになる。理不尽なのになぜか強固に根付いてしまってる意味不明な権威を根底から揺るがす的テーマが大好きなボクはたまらなくワクワク。しかも単にレイティングシステムに食いついてく攻撃性だけでなく、ユーモア満載で笑えるシーンめっちゃ多いし、途中からは探偵映画みたいになってって、しっかりエンターテインメントもしてて、すごく楽しい映画になっている。レイティングのおかしな矛盾点をついていく前半では、例えばおっきなスタジオで製作された映画はインディーズの映画より縛りが緩かったり、米軍をリアルに描写するとレイティングが厳しくなりヒロイックに描くと合格、ヘテロセックスは規制が緩くホモセックスはアウト、あと、Fuckなどのスウェアワードは数がカウントされてたり、ひょっとしてセックスシーンでは突きの数がカウントされてるのでは、のシーンのカウント音、面白すぎて爆笑。あと、ジョンウォーターズ監督の発言はよかったね。誰でもインターネットにアクセスできる現代、興味津々な10代の若者にどんだけエロいもの見ちゃダメ!と言ったところで、すげぇもんがあったらどんなえげつなくても見ないわけないだろ、なのに映画界はどんだけナイーブやねん、ってホンマそれ! てか、アメリカってバイオレンスの方が何やかんやうるさいんだと思ってたら、セックス関係のほうがキツイらしく、ちょっと意外だった。ヨーロッパは真逆なんだとか。で、ほんじゃ一体勝手にレイティングを決めてる「平均的なアメリカ人」って一体どんなヤツらやねんと、彼らの実態を追究していくプロセスがめちゃめちゃ面白い! こういう過激なことが出来てしまうアメリカ社会って、最高にスリリング!と思うけど、逆の立場になって考えるとちょっと怖くもある笑 まぁいい気味やけど。で、そのあとさらにもうひと展開あるんやけど、それ見てアメリカってホンマおかしな国やなーとケラケラ笑ってると、ふと、じゃあ日本は?って考える。いや、日本はもっとおかしいぞ。日本のこの性に対する異常なまでの隠蔽主義は一体何なんだろうか。未だに人雇ってわざわざ不要なモザイク入れ続けてる意味って、無駄な人件費以外の何なのだろうか。今の時代に怒張した男性自身や使用中の女性自身を見てOMG!何てこった!見てられない!なんて思う人がいるのだろうか? なのにモザイクやらボカシなどでアート作品にすら泥を塗るようなことするんやから、そのひどさには言葉を失います。日本では本作のようなアグレッシブな映画作るのむずいんやろなー。いやー。ほんとに。いろんな意味で面白い映画でしたー。とりあえず映画のボカシはホントに無意味やし興醒めするので今すぐにでもやめてほしいです。
甘木

甘木の感想・評価

4.0
アメリカの「映倫」に当たるMPAAの正体を暴くドキュメンタリー。アメリカ映画好きは必見。MPAAはアメリカの映画にR指定なり18禁なりのレイティングをおこなっているが、極度の秘密主義で、暴力表現に甘く、性表現にきびしいというより偏りがある(正常位以外にはきびしいとか、同性愛にきびしいなど)。おまけに審査員も非公開。そのMPAAの審査員の素性を、私立探偵を使って暴いて、本作の監督がMPAAと直接対決するところまで。少し前は、Youtubeに前後編が逆になったままアップされていたが今はどうだろう。著作権法はしっかり守ろう!
そうなんだ!の連続。
これこそドキュメンタリーって感じで、手作り感あふれながらも、皆が気になってたことに真っ向から調べていく姿勢に感服。

おばさん探偵もナイスジョブ。

町山さんのおかげで見られた作品。ありがたい
謎に満ちたアメリカ映倫団体MPAAを探偵も雇って暴くドキュメンタリー。
現在はもっと透明性があるらしいけど
そもそもレイティング基準を決めるとこから難しいよね。
アメリカの映画審査機関MPAAに立ち向かうマイケルムーアスタイルのドキュメンタリー。段々と秘密主義のMPAAの詳細が明らかになっていくのはミステリーの様な面白さがあるし、この映画が作られた後MPAAのシステムが少し改善されただけでも意義のある作品。
タマル

タマルの感想・評価

3.4
【サウスパーク豆知識】

『サウスパーク 無修正映画版』は2001年版ギネスブックにおいて、「最も多くの侮辱語を使ったアニメ」として認定されています。
本作の監督たちはMPAA(アメリカ映画協会)の定める18禁とR指定のデッドラインである400の侮蔑語を回避し、399の侮蔑語を使うことで、見事R指定を獲得しました。

以下、レビュー。

レイティングて大事なんだな〜と思いました。
いわゆる18禁(NC-17)とR指定では収益で1億(円)レベルの差が出るそうで。かけられる映画館の数も格段に減り、そもそも広告もできなくなるらしいです。

そんな大事なレイトはどういう基準で定められているの??
そもそも誰が決めてるの??
決められたレイトを覆すことはできるの??
そんな疑問に髭面のカービー監督がなんとな〜〜く答えてくれるドキュメンタリーです。

探偵を雇うタイプのドキュメントは初めて観たかも。
そういう苛烈さがテレビになくて映画にあるものなのかもしれません。
日本勢としては、映画ぐらい自由な場であってほしいものですね。

オ ス ス メ で す !


〜追記〜
暴力的なものより性的なものの方が規制が厳しい、ていう問題はサウスパークの忍者の回でもやってた。
あんまりピンときてなかったけど、この映画を観て実感できました。
ドキュメンタリーで一番好きな展開。権力に立ち向かうこの感じが好きなんだと実感。
レイティングとはR指定ってやつですが、1人で軍を壊滅させ人が死にまくる映画より戦争を描いて数人がリアルに死ぬような映画がR指定になったりするんですね。アホですね。おかしいじゃないか!と皆さん激おこでしたよ。
日本でも以前『セッションズ』という障害者の性についての映画で(見てないのでよく知りませんが)それがどうしてR指定なのかという議論があったような記憶があります。
日本では映倫がやっていますがどうなんでしょう。大差なさそうな気はしますね。東宝やら角川やらが一枚噛んでそうな気しかしませんもんね。もうR指定を気にするお年頃でもないので別にいいんですけどね。
tmadd

tmaddの感想・評価

3.0
アメリカの縮図やん