キよ4

ザ・ファントムのキよ4のレビュー・感想・評価

ザ・ファントム(1996年製作の映画)
-
1938年 ベンガラ島ジャングルに太鼓が鳴り響く時 白馬にまたがったファントムがデビルという名のオオカミを連れて悪党退治にやって来る
ファントムは紫のボディスーツにブラックマスク 4世紀も不死身の伝説を持つ 生きる幽霊ファントム
金と銀とヒスイの3つでできてるツガンダの骸骨 今は離散 行方知れず
3つが一緒になると地上のあらゆるどんな武器より強力な超自然的パワーを発する
それを狙い独裁者になりたい実力者で悪党のドラックス
このドラックスさん なんか陽気で明るい ファントムも楽しそう
ファントムの本名はキット ウォーカー 21代目だった
ジャングルでトラックを乗せた吊り橋が重みで崩れ落ちるシーンとか 海賊シン一味の洞窟の魚雷艇のシーンとかの辺りが見どころなのかな
なかなかテンポがよくて飽きない
キャサリン ゼタ ジョーンズさんが若い