マイネーム・イズ・ハーンの作品情報・感想・評価

「マイネーム・イズ・ハーン」に投稿された感想・評価

こ、ここここれは……
参った……
胸に刺さった。
琴線に触れるシーンやセリフが多く、心が揺さぶられっぱなしだった。

長いですよ。
でも素晴らしい。
2時間40分。
時間を作って、中断せずに観て欲しい。
じっくりとハーンの気持ちになって一緒に旅をしてね。
愛があるからね。

妨害予告があったとかで、日本未公開。
近所のTSUTAYAに問い合わせたら置いてないだと!ヽ(`Д´)ノ
……DVD買っちゃいました
( *´艸`)

テーマは重いです。
宗教・人種・思想・差別・障害……
インド映画ですが、ダンス無しです。
「フォレストガンプ」や、「素晴らしき哉、人生」、「きっと、うまくいく」などの長さに似ているかな、と言えば入りやすいでしょうか。

是非多くの人に観てもらいたいです。
どうにかして観てちょうだい。
本当に観て良かった。
hayu

hayuの感想・評価

4.7
アスペルガー症候群でムスリムのリズワンがアメリカの大統領に会いに行くロードムービー。アメリカ同時多発テロが起き、ムスリムに対する偏見や風当たりが激しくなった頃の話。
愚直なほどの愛で困難を乗り越えるリズワンの姿はこの上なく感動する。今でいうとバジュランギおじさんに感動するなら本作もおすすめ。
とりあえず、出かける直前に観るんじゃなかった。

このレビューはネタバレを含みます

私とは正反対の生き方をする清々しい彼のことが
とても大好き♡

そして自分は生まれてからこれまで
偽りのベールで素直な心を覆い隠すような
なんとも
虚しい生き方をしてきたよなと
何故もっと素直な自分の心を大切に出来ないのだろうと
感じずにはいられません。

周りの声に気を取られず相手に気を使わず
自分のIdentityや心に真っ直ぐ行動する彼は
私には宝石よりずっと輝かしい存在であり
羨ましい存在でもあり目標にする存在にもなりました✧

そしてハーンと同じくらい素敵なのがマンディラ♡
この凛としててその上愛らしくて
人としても女性としても素敵♬

嫉妬しちゃうくらい美しくてたくましくて
愛に真っ直ぐな映画♡
うめこ

うめこの感想・評価

4.8
こんなにいい映画をお知らせするの忘れてた(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭⁾⁾㌨㌨

長い。フォレスト ガンプを思わせる。その長さを感じさせない名作。

映画好きな人みんなにオススメしていますがみんな感動してくれます。

なんであっちこっちにないんだろね。

ぜひ観てみて。
『日本劇場未公開の作品』

とても素晴らしいストーリーなのでぜひ観てほしい。
泣かせにかかる感動でなく、スッーと自然と泣けるような感動を与えてくれる作品。

主人公のハーンが乗り越える苦悩はとても難しい。
彼は生まれもった障害でコミュニケーションを普通にとれない。

そんな彼が仕事もそして恋愛をがんばるお話が前半。
正直、よくある展開だな...
と油断していた。

そしたら、中盤で物語がガラッと変わった。
ただでさえ差別されやすい彼に今度は宗教差別問題もふりかかる。

インド映画のポップな雰囲気は終始あるけれど、主人公が乗り越える苦難はとてつもなく辛いものばかり。
一つ一つ解決していく、彼のひたむきな姿をぜひ観てほしい。

個人的には、中盤の主人公のとあるスピーチで号泣しまった。

2時間40分の少し長い上映時間も苦でない。
インド映画あるあるのいきなり踊り出すとか、突拍子のない謎展開もない。
本当にオススメのインド映画!!

※TSUTAYAで取り寄せられますよー!ぜひレンタルしてください🎵
いやー凄い映画だわ。2時間40分という長さを一切感じさせない圧倒的な作品でした。

インド版「フォレスト・ガンプ」とも呼ばれる壮大なテーマを持った人間ドラマ。
2000年代のアメリカを舞台に、宗教や人種、障害など多くの問題を扱いながら、一人のインド人を通じて描いています。

前半は主人公と奥さんの出会いから結婚で、微笑ましく見れる内容ですが、中盤から状況が急転。見ている側も胸が苦しくなるような展開に陥ります。

そしてどん底にまで落ちてからの後半。ここから僅かに見えた希望の光が徐々に大きくなっていく流れが本当に素晴らしい。

ラスト30分は感涙ものの場面ばかり。ちょっと駆け足っぽく思えましたが、気持ちよく締めてくれます。普段そこまでエンドクレジット見ないタイプの人間ですが、余韻が凄くて最後まで見ていました。笑

脚本が良いのは勿論の事、やはり主演のシャー・ルク・カーンの演技もこの作品の良さの大きな要因でしょう。インドの名優とも言われている彼の見事な演技力に感服しました。

本当なら気になったシーン1つ1つについて、熱く語りたいところですが、まとまりが無く、グダグダになりそうなので止めます。笑

とにかく色んな人に見てほしい映画!日本で劇場未公開とか勿体無さすぎる!

最後に余談ですが主人公のハーン、特に前半はチュートリアルの徳井に見えて仕方なかった…笑
すず

すずの感想・評価

3.5
2019年 1本目
TakashiM

TakashiMの感想・評価

4.6
素晴らしい映画だった。。
昔感動したフォレスト・ガンプっぽい、それのインド版と言えばいいのでしょうかね。

ハーンはアスペルガー症候群で苦労して大人になるが、、そこでふと出会った美女に一目惚れ。
結婚し、幸せな生活を掴んだかと思いきや・・そこにあの9・11が。

人類はキリスト教の誕生によりADとBCを分けた。次の分け目が9・11だ、というセリフがあったが、イスラム教徒にとってはそのくらい世界が変わったことだったのだろう。
イスラム教は邪教のイメージがまとわりついてしまい、米国でのイスラム教徒への迫害は日常化し、米国だけでなく、世界中でイスラムへのイメージが一変した事件だった。

そんな時代背景の中、ストーリーはハーンの純粋さによって思わぬ方向に進んでいく。
人間を分けることは一つ。それは、宗教でも人種でもなく、いいことと、悪いこと。
人を前進させることは、憎しみではなく、相手を思う心。
それらを説き、実践し、前に進むハーンがこの上なく愛おしい。

泣き所も盛り沢山。何度泣けたことか!
観終わって、泣き疲れてビール飲んで爆睡でした(^o^)
インド映画だけあって上映時間が長かったですが、その分内容もたくさん詰まっていて面白かったです。インドの映画は社会問題を扱うことが多いですが、本作品もインドの宗教問題を扱っています。ラストシーンはどう話をまとめてくるか見どころでしたが、しっかり感動させてくるあたりはさすがでした。おすすめです。
映画業界の大先輩に教えていただいた名作。色々な要素がかなり詰まっていますが綺麗に落ちていました。俳優、ストーリーともに3時間近い大作ですが見終わったあとの感覚が爽やかです。短いコピーが世界を動かす力を改めて感じました。この作品に会えて良かった。
>|