chn126

アンドリューNDR114のchn126のレビュー・感想・評価

アンドリューNDR114(1999年製作の映画)
3.8
ロボットアンドリューは正直見た目が怖い
けど、人に憧れるロボットっていつの時代でもテーマになるんですね。

アンドリューは人と触れ合うことで人間になりたいと願い、大切な人を失い、形だけ人の姿を手に入れ、愛を手に入れ、それでも無情に時は流れて最愛の人も老いていく

生まれていつか必ず死ぬ人間にとってはわからない気持ちですが老いて死ぬことこそ本当に人間になることだとアンドリューは気づきます。

最後は悲しいようなこれでよかったような気分になりました。