アンドリューNDR114の作品情報・感想・評価

「アンドリューNDR114」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

高校生の頃に読んだ手塚治虫の『火の鳥』のせいで、わたしは「感情をもつロボットもの」にめっぽう弱い。
そしてこの映画にもまんまとやられてしまった...
最初は「ロビン・ウィリアムズの感動させる系でしょ〜?はいはい」ってテンションで観ていたのに、気が付いたら泣いてた。白状すると、わりと序盤の、アンドリューが音楽をしみじみと聴いているシーンからもう相当きていた。
彼の教育者ともなる主人や、彼の人間化に助力する博士などのキャラクターが良い。人間に恵まれたなあ、アンドリュー...
現実ではMicrosoftのAI、Tayがツイッターでレイシスト発言をした悲劇が記憶に新しいけれど、AIには良き教育者が必要なんじゃないかと思う。本当に学習プログラムだけで大丈夫なんだろうか?もちろん非合理的でナンセンスな考えなのはわかっているけれども...ねえ...?
アンドリューの外見が人間すぎて恐いのと、エンドロールの音楽が良くなかったので点数は低め。
ぴい

ぴいの感想・評価

4.0
一台というより一人のアンドロイドの人生のお話。
とってもほっこりする話でした。
昔この映画を見たことをさっきふと思い出した。

今振り返ると脚本もすごく良く出来てて近い将来似たようなことが起きるんじゃないかなぁ。
tanaka

tanakaの感想・評価

2.5
2017-160
ほずみ

ほずみの感想・評価

3.7
AIを題材にした作品は今までいくつか見てきましたけど、
これはまた雰囲気が全然違うなあ、と感じます。(他に、A.Iという作品もちょっと雰囲気違いますが……)
私が見てきたのは、AIが暴走しはじめて人間とたたかう、みたいな話が多くて……(笑)
この映画は新しいとは言えませんが、
AIの技術が進歩している今日にこそ見る映画だなあと思いました。
色んな人に勧めたいです。

人間の定義はなにか?AIの定義とは?何をもって人間というのか。

人間になろうとした、人間の、ロボット(アンドロイド)の話。
久々にとってもいい映画をみたと感じました。
kumiporo

kumiporoの感想・評価

3.6
永遠の命を捨てても一緒に居たい相手がいる事は何より幸せな事。

アンドリューの最期の時の穏やかな顔が印象的。

しかしアンドロイドも好みの顔ってあるのかな?
ちょっと面白い。

私はぽっちゃり博士が好き。
東

東の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

人間になりたかったロボットの話
ロボットが人間の感情をもつ話って、ロボットの暴走とか人類とロボットの戦いとかになりがちなんだけど、そういうのがなくて全体的に優しい話だったと思います
この作品、全体を通して人間じゃなくてロボットのほうに感情移入させるとこがすごいなあ
ロボットでありながら死を選んだ瞬間もいかにも人間らしくて良かった、最後まで展開読めなかったけど人間として生きるってそういうことなんだよね ちょっと切ないけど良いエンディングでした
ロビン・ウィリアムズの優しい顔、好きです
Ts

Tsの感想・評価

4.0
人間になろうと長い時間をかけてがんばる姿と、ロボットの成長や葛藤にグッとくる。
>|