ザ・バニシング-消失-の作品情報・感想・評価・動画配信

「ザ・バニシング-消失-」に投稿された感想・評価

時間軸操作の目的が独特で面白い。
ラストは個人的にアレの恐怖症なので本当にたまらない。確実に悪夢にうなされる。
作品全体の奇妙な味わいがよかった。
"普通"に見えるから怖い。
これこそがサイコパスなのか。

ゴア表現や鬼気迫る感じもなく、何ならちょっとお洒落な雰囲気を醸し出しており、サスペンス映画を鑑賞しているという感覚は薄い。しかし、それがこの作品の恐ろしいところでもある。

失踪した彼女サスキアを懸命に探し続けるレックスと、温かな家庭を持ちながらも裏では実験という名の犯行で欲求を満たそうとしている男。この二人の間に生まれる関係性も興味深い。

誘拐の練習を何度も入念に行うが、いざ実行に移そうとするも失敗ばかり。その様子が何故だか滑稽に見えてしまい、つい笑みが溢れる。だが結末を迎えた時、笑っていた自分が恐ろしくなった。ああ、これ自分も余裕でやられるわと。

夢から覚めたら既に手遅れ。
現実で一人震えることになるだろう。
spencer

spencerの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

おぉ…なかなかの胸くそ💦
面白かったです😌

閉所恐怖症のサイコパスがする殺し方がコレとはね…しっかり伏線回収。

私も閉所恐怖症なので…
この殺され方は一番嫌だなぁ〜💦



ちょっと犯人がガリットチュウの福島に似過ぎてて、気になってしまった😂
殺しを成功させるまでの失敗続きは最早コメディだしね。
Ziva

Zivaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

(※※結末ネタバレを含みます※※)
休暇でフランス地方を訪れたレックスとサスキア、トンネルを通っているとガス欠となり、レックスは彼女を放置してガソリンを調達する。車に戻ると彼女の姿がなく焦るが、彼女はトンネルの出口で待っていた。途中、パーキングエリアに立ち寄った2人は険悪ムードだったが仲直りする。近くの広場で休憩して、彼女が売店に買い出しに向い、そのまま消息不明になるー。
3年後ー。サスキアは未だに行方不明。レックスはずっと真相を追い続けて、捜索活動の費用を借金で賄い、真相を知ることに取り憑かれていた。そして、テレビ番組に出演して犯人に“君に会いたい、恋人の身に何が起こったのか知るためなら何でもする“と呼びかける。
【一方、化学教師のレイモンは山荘を購入する。薬の効き目を試しては会話などを考え、幾度となく女性を連れ去る予行をしていた。失敗続きで悪戦苦闘していたが、あるキッカケで弱者を演じることを思いつく。
そんな時に出会ったのがレックス達。売店の自販機前で、サスキアが(レイモンが娘からもらった)Rのキーホルダーに興味を持つ。恋人が“R“のイニシャルだと。車に商品がいっぱいあるよと誘われて、彼の家族写真を見て安心したサスキアは車に乗り込んで拉致される】
レイモンはレックスに会いに行き、サスキアが死んだ理由を知りたければフランスに来いと誘う。彼は自身が“反社会性パーソナリティ障害“であることやこれまでの経緯をすべて話す。そして、パーキングエリアに立ち寄って睡眠薬の入ったコーヒーを飲めと促す。どうしても真相が知りたいレックスはコーヒーを飲まずにはいられなかった。彼が目を覚ますと暗闇の棺の中に閉じ込められていて、消えていくライターの火を見ながらトンネルの先にいるサスキアの姿を発見して…。
地中に男が埋められているとも知らず、山荘で楽しむ妻と2人の娘。レイモンはただただ一点を見つめている。新聞記事には“恋人を捜していた男性 行方不明に“―THE END―。
onigiri

onigiriの感想・評価

2.9
うーん、思ってたサイコ系とはちがかったけど、淡々としていてむしろこちらが本物に近いのかと。
彼氏が異常すぎてサイコのヤバさ薄れるという謎展開。
yuko

yukoの感想・評価

3.5
エンタメホラーな映像的派手さは全く無し。淡々と人間の心理を侵食してくる、胸糞系サイコスリラー。とにかく後味の悪さに苦虫噛み潰したような気分になったら、監督の思う壺なんだろうね。そういう意味では成功してる。

あの時もあの時も、一つでもボタンがかけ違ってくれてたら、サスキアは。。自分ならこの駆け引きをどうするかと延々考えてしまい精神衛生を蝕む。そう選択せざるを得なくさせる、知能の高さに脱帽。

超有能なインターポール捜査官に事件を解決して欲しい。
Je

Jeの感想・評価

4.0
じわーとくるね
B

Bの感想・評価

3.6
いや怖い。
>|

あなたにおすすめの記事