モンキー・ビジネスの作品情報・感想・評価

「モンキー・ビジネス」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

-
シネマヴェーラの特集にて

ハワード・ホークスってシネフィルの方々が難しい顔をしながら見るタイプの映画監督だと思っていたけど、これは全然そんなことなくてゲラゲラ笑える
ジンジャー・ロジャースが踊るシーンは流石。あと車の運転シーンはかなり迫力ある。

ムダがとにかく無くて、内容と所要時間がぴったり一致している。

弁護士がモヒカンにされているのは笑った。
外は雨

外は雨の感想・評価

3.5
初老で集中していると他のことは何にも覚えていない研究者にケイリー・グラント、その妻にジンジャー・ロジャース。とにかく二人が可愛くて面白くて仕方が無い。ジンジャー・ロジャースのダンスと冒頭からもうすでに素敵なケイリー・グラントのボケ。モンローはここではまだお飾りです。
中庭

中庭の感想・評価

4.1
ホークスの映画で女が車を運転するとロクなことにならない(笑)。混ぜ薬の混在した水のタンクが画面に居続け、最後の最後に研究員たちにだばだばと捨てられ自分だけ退場し、残された登場人物たちが画面ところ狭しと暴れ回るのは気持ち良いし、本当に愉快。マリリン・モンローの尻めがけてシャワーを当て続ける所長との追っかけっこも机の周りを二週ほど続くし、ショットも途切れない。ケイリー・グラントがちびっこインディアンたちと輪になってセッションを増幅させていくくだりはエキセントリックで、圧巻。
みやり

みやりの感想・評価

3.5
マリリン・モンローはかわいいし、キッチンとかのインテリアもおもちゃみたいでかわいいし、それだけで楽しめた。

吹替でみたけど、男の人が江戸っ子口調なのがちょっと面白かった。
anya

anyaの感想・評価

2.9
すごくイライラしたwマリリンモンロー可愛い。
miho

mihoの感想・評価

3.9
ケーリーグラントがドアを開けるたびに、
「まだ早いよ」と監督から指摘される
オープニングが可愛くて、お気に入り♡

ダンディな彼が途中から
おちゃらけた役に変わるもんだから、
可笑しくて仕方ない!
牛乳瓶の底みたいなメガネも似合ってるし、
よく分からない部族に
仲間入りしちゃうのも面白い。

あと、ジンジャーロジャースの
はじけっぷりも最高だし、
出番は少ないもののマリリンの存在感、
賢すぎるおサルさん♡
いずみ

いずみの感想・評価

3.9
ラストの無理矢理感は半端なかったがホークスは動物×コメディってのが本当に上手。マリリンモンローの映画じゃない。
冒頭のケイリーグラントの使い方とか突然現れる赤ん坊の使い方がうますぎる。さすが!!!

このレビューはネタバレを含みます

偶然出来た若返りの薬によって引き起こされるドタバタを描いたコメディ映画。

“若返りの薬”と言っても肉体が若返るのではなくて、実は精神が若返る(退行してしまう)というのが騒動の原因に。
冒頭、部屋から出てくるケイリー・グラントに「まだだよケイリー(出番ではないよ)」と声がかかるところからして、コメディのノリが感じられてニヤリとするところだが、主演のケイリー・グラント演じる博士とジンジャー・ロジャース演じる妻の精神だけ若返った様子がとても面白い。

ホテルでの痴話ゲンカは最高だったなあw
ケイリー・グラントが部屋から閉め出されたあげくに(これはホテルの定番ネタか)最後にはリネン室のシューターから落ちていくとか…。
彼のスラプスティック・コメディぶりには大笑いしてしまったw
ビン底眼鏡がないと「メガネメガネ…」となるのもベタだけど、ケイリー・グラントがやるとなんだか可笑しい。
ジンジャー・ロジャースの往年のダンスステップをチラ見せするシーンも好きだな。
マリリン・モンローも脇役ではあるものの目立っていて、後年の活躍の気配を感じさせる。

主役二人の若返り演技は後半になるとさらにエスカレートして10歳くらいに退行…。
さすがにここまでくるとやりすぎというかナンセンスな感じもしてくるけど、その後本当に赤ん坊になったと勘違いするくだりも含めて飽きさせはしない。
インディアンごっこの様子が時代を感じさせるけど、「頭の皮をはぐんだ!」なんて、ごっこ遊びだとしても今じゃネタにできないよなあ。
ただただその犠牲(モヒカンにされた)になった博士の友人・ハンクが気の毒である(苦笑)
マリリン目当てで観たけどほとんど出てこなかった(´Д`)
分かりやすいコメディ映画。
>|