カラフルの作品情報・感想・評価

「カラフル」に投稿された感想・評価

xi

xiの感想・評価

3.5

「もう一度人生やり直しませんか?」

過去、なにかの罪で命を落とした僕は、また生まれ変わるために修行としてある少年の人生を生きることになる。
修行を成功させるには過去の自分が一体何をして死んでしまったのか、どんな罪を犯したのか思い出さなくてはいけない。

自殺をした小林真が病院で目を覚ますところから「僕」は真として生き返ることになる。
真として生きていくうちに真のことや、一見、素敵だと思っていた家族が実は崩壊していることを知っていく。

ここに出てくる人はみんな不器用で、人間らしくて、簡単にうまくいくことなんて何一つない。
みんな自分の気持ちを心の中に閉まうことで自分を守っている。切ないくらい息が詰まります。
生きることが全てだと言われるとそれまでですが、そこに勝てなくなりそうな時があるのもわかる。
だからこそ、自分の味方に気付けたらいいなと切実に思う。
きっかけは、許すことかもしれないし怒鳴ったことかもしれないし泣いてみたことかもしれないし笑ってみたことかもしれない。

「贅沢して長生きしたいけど、一日置きに死にたくなる。変じゃない?」
きっとそんなもんなんだと思います。
泣いちゃう。
中学生のとき一人で見に行った。
ゆか

ゆかの感想・評価

3.2
周りの人に恵まれるのが、1番の幸せ
aya

ayaの感想・評価

4.0
原作読んでて、アニメ化って聞いた時に
どうなるのか気になってた作品
面白かった!
中学生ならではの悩みとか
絵も綺麗でまた観たい作品
ciatrより転記
鑑賞日:2015/08/22

このレビューはネタバレを含みます

中学生の話だなって感じ。
親が不倫していることにこんなに嫌悪感を示すのは思春期だなと思うし、綺麗なものが好きだけど、時々をそれを壊したくなる自分がおかしいというのも思春期の悩みだなと思った。わたしは思春期なんてとっくに終わってしまった。だから、懐かしいような気がする。こんな感じだったな、という。

青春とは、生きるとは。
いじめ、援交、不倫、自殺。
友達と分け合う肉まん、同じ志望校。
潔癖で、意地っ張りな頃がわたしにもあったのかもしれない。そんな中学生の頃の話。

誠が初めて自分の意見を家族にぶつけるシーンが好きです。初めてできた友達なんだ、一緒の高校に行って、普通の生活を送りたいんだっていうシーン。
劇中に流れる合唱曲が懐かしすぎて涙が出ました。
K

Kの感想・評価

3.8
何回か見るくらい好き
>|