アタラクシアの猫

トムとトーマスのアタラクシアの猫のレビュー・感想・評価

トムとトーマス(2002年製作の映画)
3.7
友情とサスペンス?
9才の美少年2人の数奇な運命。

トーマス君(9才)画家の父ポールと暮らす平凡な少年。愛犬ライカ。
トーマスには空想の親友が居た。夢の中で出会うトム。
夢の中のトムは危険にさらされている様だ。

トム(9才)カーディーン保護施設の少年。女性教師だけはマトモだけど、事務のフィンチから暴行を受けたり酷い待遇。
トムはフィンチの折檻から逃走。
実はカーディーン施設を脱走するのはトムだけじゃなかった。

トーマスは宇宙博物館で、自分とそっくりな少年と出会う。
夢で出会ったトムだ!
まるでドッペルゲンガー現象の様な不思議な二人。
パパには紹介せず、トムを匿うトーマス。

カーディーン施設では怪しげな輩が、とある目論見でトムを捜索していた。怪しい。何かある。2人の運命はどうなる?

小学校での和やかな雰囲気から一転して、後半からは銃、麻酔、とサスペンス色が強くなってビックリ!
ショタ・コンなら、きっとウットリする程の美少年っぷりが見所。