ジョン・カーペンターの 要塞警察の作品情報・感想・評価

「ジョン・カーペンターの 要塞警察」に投稿された感想・評価

コメントするのもアホくさいくらいケッサク。欠点はない
「タバコはあるか?」


ジョン・カーペンター監督作。
敬愛するハワード・ホークスの西部劇「リオ・ブラボー」の一部分を現代劇に翻案したような籠城モノで、監督お得意のダウナーなシンセサウンドが恐怖の一夜に響き渡る。


重武装した若きストリートギャングたちは、仲間を射殺した警察への復讐に動き出していた。
彼らによる無差別殺人の犠牲となったのはアイスクリーム屋と、まだ幼き少女。
少女の父親はギャングに発砲、1人を射殺する。
しかし残りのメンバーに追われ、逃げた先は警察署であった。
ところが、その警察署は新しい建物へ引っ越しの最中であり、警官は数えるほどしかいなかった。
折しも、有名な犯罪者であるナポレオンが護送途中のアクシデントで留置されており、不穏な空気が漂う中、ギャングたちの消音ライフルによる襲撃が始まった。
警部補のビショップは仕方なくナポレオンたち囚人にも協力させ、敵を撃退しようと奮戦するのだが・・・


低予算のため、こじんまりとしたクライマックスで終わってしまいますが、そこに至るまでの雰囲気作りが抜群に巧い。
襲撃者であるギャングたちにキャラクター性が無く(強いてあげるなら不気味であるという点)、襲撃を繰り返すさまはさながらゾンビ映画のゾンビの如くです。
つまりモブなゾンビのように没個性だからこその、何だか分からない不気味さ。それが本作の味となっています。
イーサン・ホークが主演したリメイク版の「アサルト13要塞警察」とは、そこが明確に違いますね。
あちらは敵が腐敗警官たちで、ちゃんと人物背景がありましたから。
本作では、唯一キャラ立ちしていたギャングの一員が初っ端に死んでしまうのも驚きです。
籠城する警察側も、戦力になりそうな人員は最初の襲撃でみんな呆気なくお陀仏。
この思い切りのよい舞台づくりをしたあとの画面から溢れ出る緊張感がたまらないですね。

主人公はビショップですが、肝の座った囚人のナポレオンこそ真の主役でしょう。
事あるごとに「タバコはあるか?」と訊いてくるナポレオンは
男前で沈着冷静。
どうやら殺人罪で服役している身らしいのですが詳細は不明なまま。
とにかく佇まいがクールなのです。
女性事務員も絶対あれ一目惚れしているでしょ。
内心では大人の恋みたいに燃えあがっているくせ、それでもクールさも忘れない。
ナポレオンは、カーペンターが「ニューヨーク1997」で創造した人気アウトローであるスネークの原型。
たしかに、カート・ラッセルが演じてもマッチそうです。
ちなみにナポレオンを演じたダーウィン・ジョストンはカーペンターの自宅のご近所さんだったらしいです。


お互いの立場や人種を越えて、男の友情(仲間意識)が芽生える作品は、「太平洋の地獄」や「第五惑星」、「48時間」など、その過程と結果に燃えるものがあるジャンルですが、終始ジトジトとした滑りのある緊張感が張り巡らされた本作はラストのビショップとナポレオンの掛け合いではじめて緊張緩和を感じられる見事なホラー映画でしたよ。

・・・ん?ホラー映画?
そう、「ハロウィン」の成功で名声を得るジョン・カーペンターですが、やはりホラー的演出の冴えこそが最大の武器な気がします。
前述したゾンビ映画らしさ(もはや「リオ・ブラボー」というよりロメロの「ゾンビ」が一番近しい)をはじめ、わけもなく市民を無言で射殺するギャングは殆どマイケル・マイヤーズやジェイソン・ボーヒーズの様。
これはアクション映画ではなく、完全にホラー映画でしょう。
車で脱出しようとする場面や、電話修理の業者の場面なんてスラッシャーホラーで何度観たか分からないような演出。
ホラーというジャンルにおいて「ハロウィン」がいかに革新性があったか、本作を観てもカーペンターの手腕に唸らされるものがあります。

ジョン・カーペンターの長編デビュー作は「ダークスター」ですが、あれはダン・オバノンとの共同作業だったわけで、実質的にカーペンター一色の長編は「要塞警察」が処女作といっても差し支えないのではないでしょうか。
その後の作品群でみられる数多の要素が、既にこの時点で芽吹いているのが分かる、ホラーやSFの映画史にとっても重要な作品だと思います。


しかし、アメリカは怖い。
アイスクリーム屋でさえ、いつ襲われるか分からないので拳銃を隠し持たざるおえないとは。
その拳銃が、結局は後の大惨事を引き起こす発端にも一役買うわけで、本当に銃社会ってのは恐ろしいものです・・・。


テレビ放送、Gyao!にて
うに丼

うに丼の感想・評価

4.0
襲撃者たちの夜。
ストリートギャングの集団に包囲された警察署で、警官と移送中の囚人が共闘する!

『ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド』&『リオ・ブラボー』な、ジョン・カーペンター監督初期の傑作!


発端はアイスクリームを買いにきた少女。胸元にパッと血の花が咲き、何が起きたかも分からないままに膝から崩れ落ちる。ストリートギャングが手にした銃からは硝煙が立ち上っている。

また、中年の警官が外に出た瞬間狙撃されるが、窓から様子を見ていた事務員の女の子は、撃たれたことに気づかず、「転んじゃったわ」と笑っている。

死はそんな風に呆気なく訪れる。


…このようなリアリティのあるシーンの積み重ねが文学的ですらあり、シンプルな作劇を奥深いものにしている要因だと思う。
派手なアクションやVFXなどなくとも、これだけ面白い映画が作れる、というお手本のような作品。
al

alの感想・評価

4.5
ハワード・ホークスに心酔するJカーペンターが『リオブラボー』を基にして作ったアクション。あー面白かった!

何よりもカーペンター自身が作曲したあのシンセベースがめちゃくちゃかっこいい。

ギャング達が次々に集まってきて銃撃戦もどんどん激しくなる。(しかもサイレンサー!そんなんあり汗)
そして、残ったのは正義感溢れる警部補ビショップと、事務員のリー、死刑囚の男ナポレオンなのだが、この事務員のリーが強すぎる。無表情で敵を撃ち続ける。

銃撃戦が激しくなるにつれてビショップ、リーとナポレオンの間に絆みたいなのが芽生えていて、え、こんなとこで?と驚き。
とにかく面白かった。好きです。
天

天の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ギャングが無言で次々集まってきて、黙々と攻撃してくる。主人公たちは助けを呼べず、警察署内に立てこもって自力で敵を倒すしか無い。これはまさにゾンビ映画そのまま。不安を煽るようなBGMも良かった。面白かった。
TWR

TWRの感想・評価

4.5
KBS京都 新春シアタースペシャル 2019年1月2日放送分の録画
とーり

とーりの感想・評価

4.0
「タバコあるか?」原石/出世作かつ代表作そして『リオブラボー』式籠城モノ(あと今となってはかなり浸透している不思議な共闘モノ)の最高峰という地位を築いているカルト作。彼が今日まで通ずる発明したものは大きいーーーここにはインディーズスピリット溢れるアイデアのピュアネスとリスペクトがダイヤの原石のように詰まっていて今なお誰かを夢中にさせ得る映画の魔法を放っている。『ハロウィン』かってくらい、かなり淡々としつつドキドキワクワクハラハラ胸熱最高! 開始早々激渋な音楽が流れるのは流石自ら音楽も務める我等が鬼才ジョン・カーペンター大先生であり、だからこそ本編中の夜の闇を包み込むような静寂も余計に際立つ。正直本作を見始めた直後は普段僕が嫌いなタイプの、キャラクターを描くことよりもアイデアと勢いだけで展開先行に物語を転がすタイプな気がしていた。けどメイン二人は見れば見るほど生き生きしていて魅力的だし全体的に物語が進むにつれて次第にキャラクターがより見えてくるニクい作り(信念を曲げぬ実直な男に、自分を信じるキザで頭の切れそうな男、サバサバ系ひねくれた女性、巨体の割にビビりっぽく騒がしい男)!! 冒頭から淡々とカットバックで描かれていくそれぞれのキャラクターたちの人生が見事に絡み合ってはスリルもテンションも自ずと上がっていく。気の効いたやり取りにふざける余裕もある。今見ると節々のセリフやアクションでわざとらしくシュール=要はまだ未熟な所があるのはご愛敬ということで(独り言「あら、普通のバニラだわ」、死に際「銃が車のポケットにある」)。脇が甘く未熟ながら既に愛すべきコテコテさで映画の文法をなぞりながらも同時に自ら後進への雛形を作るように更新していく。アクションもサスペンスもスリラーもホラーも彼こそジャンル映画の神(?)。誰もが彼の真似をするけど誰も本当の意味で彼と同じ場所にまでは到達できず。彼の作品を見ていると本当に撮影も編集も音楽も参考・勉強になるし、自分も童心に帰るように映画作りたいなって思える。そういや子供の時テレビで見た黒人白人のキャラを逆転させた『アサルト13』まぁまぁ好きだった記憶だけど今見ると多分あれなんだろうなぁ。

「タバコあるか?」「立場は関係ない」「警官は質問が好きだな」「なぜナポレオンと?」「たタバコあるか?」
TOMATOMETER98% AUDIENCE80
Lean, taut and compellingly gritty, John Carpenter's loose update of Rio Bravo ranks as a cult action classic and one of the filmmaker's best.
隠れた名作。なんか題名で損してない?
BAC

BACの感想・評価

3.6
・闇に紛れて、と言うより、ほとんど闇に同化して
ヒタヒタとにじり寄る暴漢たちの姿が印象的。
この感覚、カーペンターの個性だと思う。
一応ボスもいるんだけど、いざ警察襲撃が始まると
顔も見えないまま最後まで行くもんね。
アクションよりスリラーとして面白かった。

・ナポレオンはニューヨーク1997のスネークの原型な感じ。

・じゃがいもジャンケン。
この習慣のない国の観客からしたら、
いきなりコントが始まったのかと思ったよw
>|