幸せなひとりぼっちの作品情報・感想・評価

幸せなひとりぼっち2015年製作の映画)

En man som heter Ove

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:116分

4.0

あらすじ

「幸せなひとりぼっち」に投稿された感想・評価

yuju

yujuの感想・評価

-
しあわせな最期。
家族とも、家族以外ともしあわせな結びつき。
全然ひとりぼっちじゃない。
この人の奥さんも隣の奥さんも、すてきな人だったなー。
ひろ

ひろの感想・評価

4.6
この頭の固い 頑固ジジイ 口も悪いし 近所にいたらめんどくさいな

とは思ったけど

オーヴェの半生を知るうちにだんだん愛おしくなった
あの奥さんが好きになったんだもの間違いない

お隣さんが 注意されても逆ギレせず グイグイ距離を縮めてくれるいい家族で本当に良かった
ほんとに 良かったね
こういうの好き
周りに疎まれても自分の信念を貫いて生きていけばいつか認めてもらえるし、無理はしない程度の少しの優しさに気づいてくれる人もいて、自分のために怒ったり泣いたりしてくれるんだよね。

わかってくれる人にだけわかってくれれば良いよ。
rina

rinaの感想・評価

4.1

うわー、もうダメだ 良すぎる。
一見ただの頑固なじいさんだけど
そうじゃない、、
だんだんと心を許しあう所が
最高によかった

愛する妻に先立たれて
はやく妻に会うために自殺を試みるも
隣人やらなんやらの邪魔がはいって
なかなか死ねず、、笑
自殺の最中意識がなくなりそうになって
過去の回想が始まる
若かりし頃のオーヴェ、
オーヴェの父とのやりとり、
ソーニャとの出会い、結婚、
(愛がものすごく伝わる)
気の合う友人とのすれ違い、、

嫌われものだったけど
憎めないほんの少し
こぼれ落ちる優しさに
皆気づいてたんだなぁ、、

ソーニャ先生ならそうするって
ゆわれてぐうの音も出ない
オーヴェが可愛らしかった。
みみみ

みみみの感想・評価

4.5
北欧の映画って静かに泣かせるものが多い気がする。
今回は、お葬式にたくさんの人が集まっているシーンで涙が溢れた。

人生は基本悲劇って考え方をすごく感じだけど、その中にある小さな幸せとかをより丁寧に感じられる映画だったなあ。

過去との行き来がスムーズで、脚本すごいなあって思った。

「今を生きなきゃ」ってセリフが沁みたなあ。
りんご

りんごの感想・評価

4.0
不器用すぎるオーヴェを認めてくれる人々のあたたかさ。
>|