幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

En man som heter Ove

上映日:2016年12月17日

製作国:
  • スウェーデン
  • / 上映時間:116分
    監督
    ハンネス・ホルム
    脚本
    ハンネス・ホルム
    キャスト
    ロルフ・ラスゴード
    あらすじ
    愛する妻を失い、哀しみにくれるオーヴェ。1人で生きていく人生に希望が持てず墓参りの度に失意を募らせていた。 ある日、そんなオーヴェの隣にパルヴァネ一家が引っ越してくる。 浴びせられる罵声をモノともせず、何かと問題を持ち込むパルヴァネにオーヴェは次第に心を開いてゆく。 悪態はいつしか愛嬌になり、彼は愛する妻との思い出をゆっくりと語りだした――――――。

    「幸せなひとりぼっち」に投稿された感想・レビュー

    ちよめ
    ちよめの感想・レビュー
    2017/02/10
    4.0
    シネコンの、しかも1番か2番目に大きいスクリーンで観たのだが時間帯(と空模様)のせいかガラガラで、それが映画の雰囲気と妙に相まってなんとなく心地良かった。

    なんだかんだで初スウェーデン映画だった気がしなくもないけど、オープニングからこの空気感は好きなやつだなって思った。

    ストーリーとしては普通なんだろうけど回想シーンの見せ方がすごくよかった…
    主人公の過去を凄く丁寧に掘り下げてくれてたおかげで共感しやすかったし、オーヴェのキャラクターがどんどん好きになっていくのがわかった。
    ただただゆったりほっこり系かと思いきや笑うポイントが割とあって、実は扱ってる題材も現代ならではのものもあって、いろいろと詰まってる作品だった。

    そして猫がかわいい!…かわいい。
    あい
    あいの感想・レビュー
    4時間
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    2017.03.03
    カチカチの心が、だんだんあたたかく柔らかくなっていく。
    人を変えてくれるのはいつも人との関わりだなぁ。
    大好きな映画「孤独のススメ」にも通じるところがあった。
    .
    .
    オーヴェを70歳くらいのおじいちゃんのような感覚で見ていたけど、、、59歳だった…!!!というのが一番の驚きポイント(゚ω゚)笑 終わった後その話でもちきりだったよ。笑
    Miho
    Mihoの感想・レビュー
    15時間
    4.0
    2017.2.22
    @キネマ旬報シアター
    すず
    すずの感想・レビュー
    15時間
    4.0
    人と関わるのも悪くない

    *・゜゚・*:.。..。.:*・*:゚・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。.
    妻に先立たれ、自殺を図ろうとするオーヴェ。しかし、いつも運が悪く邪魔が入る。

    *:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*:;:*
    このおじいちゃん頑固で嫌なやつと思っていたら、妻のこと大好きじゃん。お墓での報告なんかはこんなに思ってくれているなんて、奥さんが羨ましいと思っちゃいました。口が悪かったり、ぶっきらぼうでも本当は優しいオーヴェ。隣人たちもそれがわかっているからなのか離れていかない。

    人は一人では生きていけない。誰かと繋がり、助け合い、生きていると実感するのかな。

    ほっこり泣ける良い映画でした。

    前売り買ったのに都合が悪くなり前売り券は無駄になってしまったが、地元でやってくれて観に行ってよかったです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
    あべま
    あべまの感想・レビュー
    17時間
    4.5
    こんなにも華々しい人生がおくれたらどんなに幸せなことか。
    カズッキー
    カズッキーの感想・レビュー
    21時間
    4.6
    友達に誘われて観に行きました。
    とても良かったです。
    最近マグニフィセントセブンや酔拳やトレマーズといったアクション系の映画ばかりを観ていたので、このようなほっこりとしたコメディ映画は良い緩和剤になりました。(まぁすぐにキングコング観るけどね)

    簡単なあらすじはこの通りです↓

    主人公である還暦過ぎのオーヴェは、妻に先立たれてから常に喪失感にまとわりつき、気難しい性格で、頑固なオーヴェは近所の住民からも煙たがられていました。
    毎朝嫌味を言われながらも近所の見回りを繰り返し、治安を良くしようとするも上手くいかず、近所付き合いも険悪に。
    寂しさを埋められないオーヴェは自殺を決心します。しかし、急に隣に越してきたパルヴァネ一家に自殺を妨害され、腹を立てたオーヴェは一家に怒鳴り散らします。しかし、根は優しいオーヴェはパルヴァネ一家の持ちかける問題を嫌々ながらも助力し、徐々に心を許せる存在になっていきます。そしてオーヴェはパルヴァネ一家に、亡くなった妻について語り始めます……

    こんな感じでしたね。
    いやー、よかった。序盤は独り身になった主人公の寂しさがひしひしと伝わってきて、結構重い感じになんですが、パルヴァネ一家が来てからはコメディ色が強くなり、観ていて飽きなかったです。オーヴェのキャラクターも、どこかリアリティに溢れる頑固ジジィで、しかし根はとても優しいというギャップに好感が持てます。
    何回も言いますが、オーヴェはめっちゃ良い人!奥さんのために尽くす真摯な姿は観ていて目頭が熱くなっちゃいます。
    その他の妻であるサーニャやパルヴァネ一家といった魅力的なキャラが、さらに物語を彩っていきます。丁寧な人間描写も必見です。
    生茶
    生茶の感想・レビュー
    1日
    -
    記録
    2017年25本目
    Toru
    Toruの感想・レビュー
    2日
    4.1
    「グラントリノ」「ヴィンセントが教えてくれたこと」など頑固ジジイものは割と最近多いけど、この映画のオーヴェ爺さんもなかなかのもの。

    どの作品もそうだけど心を許す瞬間がたまらなく可愛らしい。
    >|