幸せなひとりぼっちの作品情報・感想・評価

幸せなひとりぼっち2015年製作の映画)

En man som heter Ove

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:116分

4.0

あらすじ

「幸せなひとりぼっち」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.0
シネコンの、しかも1番か2番目に大きいスクリーンで観たのだが時間帯(と空模様)のせいかガラガラで、それが映画の雰囲気と妙に相まってなんとなく心地良かった。

なんだかんだで初スウェーデン映画だった気がしなくもないけど、オープニングからこの空気感は好きなやつだなって思った。

ストーリーとしては普通なんだろうけど回想シーンの見せ方がすごくよかった…
主人公の過去を凄く丁寧に掘り下げてくれてたおかげで共感しやすかったし、オーヴェのキャラクターがどんどん好きになっていくのがわかった。
ただただゆったりほっこり系かと思いきや笑うポイントが割とあって、実は扱ってる題材も現代ならではのものもあって、いろいろと詰まってる作品だった。

そして猫がかわいい!…かわいい。
雪零

雪零の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

死ぬことが下手なオーウェン。
彼の大切な人は偶然なのか運命なのか彼が心の底から幸せだと思った瞬間に奪われました。そして、彼自身が死のうとした瞬間は毎回これまた偶然か必然か隣人にその機会を奪われます。
その対比が良かったです。
彼の人生は悲しみと幸せと教訓と不条理で出来ているかのようでした。
また、彼が愛した女性の言葉「今を必死に生きるの」は彼の屁理屈にも思える教訓の中にひっそり素敵な教訓として隠れているのではないかと思います。彼が毎日毎日教訓を守り続けれるのもこの言葉を大切にしてるからではないでしょうか。
つな

つなの感想・評価

3.8
妻を一途に愛し続ける姿が美しいです
rs

rsの感想・評価

4.4

頑固なおじいさんが、
独りから1人になり、最終的には沢山の人に認められ、愛されて死んでいく。

妻を追って自殺を何度も試みるも失敗。
その間に周りの人間との関係が構築されていって、猫の世話、ゲイ、自転車の修理、、、死ぬまでにやらなければならないことが増えていく。

回想シーンの入り方も良かった

ほっこりする物語。
涙腺が久々に崩壊してもうずっと号泣

頑固ジジイの優しさ

一途な愛

人との触れ合い

はぁ、泣ける

仕事で上司にネチネチ言われて溜まってる鬱憤泣いて発散できたぜいぇい
一生であんなに妻を愛してる姿が可愛くて素敵で泣ける、、
お隣さんとの出会いもよかった
SumireT

SumireTの感想・評価

3.6
怒鳴るおじいちゃん怖いけど
誰にでも抱えているものはあるから、相手を知ることも大切だね
ほっこりムービー
mamai54

mamai54の感想・評価

4.5
偏屈で嫌な感じだけど愛すべきジジイものが好きで。。

言い方と態度が悪いだけで何も間違ったことも悪いこともしてないっていうね。

あー枯れた心が潤った!
ラストのスウェーデン?の音楽も晴れやかでぴったり。

ちょっと君に読む物語っぽい。
回想のエピソードの見せ方や繋ぎ方、エピソードそれぞれがとっても良い。

隣人の奥さんのチョイスもセンスあるー!最高。
あと流石北欧、家も家具もオジイのスーツまでとってもオシャレです。
人はあまりにも酷いことが続くと屈折するものだ。その人の本質では無いのに。自分を投影してしまい、涙···。
>|