幸せなひとりぼっちの作品情報・感想・評価

幸せなひとりぼっち2015年製作の映画)

En man som heter Ove

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:116分

4.0

あらすじ

愛する妻を失い、哀しみにくれるオーヴェ。1人で生きていく人生に希望が持てず墓参りの度に失意を募らせていた。 ある日、そんなオーヴェの隣にパルヴァネ一家が引っ越してくる。 浴びせられる罵声をモノともせず、何かと問題を持ち込むパルヴァネにオーヴェは次第に心を開いてゆく。 悪態はいつしか愛嬌になり、彼は愛する妻との思い出をゆっくりと語りだした――――――。

「幸せなひとりぼっち」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.0
シネコンの、しかも1番か2番目に大きいスクリーンで観たのだが時間帯(と空模様)のせいかガラガラで、それが映画の雰囲気と妙に相まってなんとなく心地良かった。

なんだかんだで初スウェーデン映画だった気がしなくもないけど、オープニングからこの空気感は好きなやつだなって思った。

ストーリーとしては普通なんだろうけど回想シーンの見せ方がすごくよかった…
主人公の過去を凄く丁寧に掘り下げてくれてたおかげで共感しやすかったし、オーヴェのキャラクターがどんどん好きになっていくのがわかった。
ただただゆったりほっこり系かと思いきや笑うポイントが割とあって、実は扱ってる題材も現代ならではのものもあって、いろいろと詰まってる作品だった。

そして猫がかわいい!…かわいい。
偏屈なじいさんが1つの家族と出会い、近所に住む人たちと触れ合っていく事で変わっていく、そして普通に暮らしてる自分たち庶民と国家(体制側)との対比という設定は『わたしは、ダニエル・ブレイク』と同じ。
世界でも類を見ない超高齢化社会を迎えている国に住む日本人にはとても考えさせられる内容。やっばり自分で勝手に枠を作らないで、人種も、宗教も、性別も、言葉も、年齢も超えていろいろな人と関わって、尊重して、手を取りあっていく。そんな世界になればいいなぁとか考えながら観てました。
オーヴェとソーニャの恋物語はとても素敵。スロープ作りに行くところは泣きそうでした。。
伊緒

伊緒の感想・評価

4.3
非常に偏屈なおじいちゃん、オーヴェ。
本当は良い人なのに、なんでそんなぶっきらぼうなものの言い方をしてしまうんだろうなぁ。愛されたいはずなのに、不器用だなぁ。

彼の生きてきた辛い境遇だとか、
奥さんに対しての深い愛情だとか、
子供を見つめる優しい眼だとか。
思い出すとなんだかとても温かい気持ちになれる。

オーヴェが奥さんのお墓を、まるで彼女の髪をなでるかのように、優しく優しく触る姿がとても印象的でした。いつかそんな日が来るのなら、死ぬこともきっと怖くないなと思えるお話でした。
MINA

MINAの感想・評価

3.7
コミカルな話の進め方がおもしろい(*^^*)
頑固なおじいちゃんが、次第に心を開いていく姿にほっこり☺︎
tooooooo

toooooooの感想・評価

4.0
怒鳴り散らしてる頑固なおじいさんているよなーって最初は思ったけどその人にも悩みとか苦しみがあって大切なことを守るために自分が嫌われてでも貫き通すおじいさんのいいところが見れたいい作品。
etthm

etthmの感想・評価

3.8
オーヴェ。若い頃はイケメン。すぐにググって俳優さんの名前を調べる私。いや、それは置いといて…
オーヴェ。異常なまでの秩序への拘り。偏屈オヤジ。でも、隣人の女性により彼の良い部分が引き出されていく。本当は良い人だからなんだけど、私だったらこんな人とは距離を置きたいけど、人って深く付き合ってみなければわからないものだ。深く付き合うまでが大変なんだけど、隣人女性の臆する事なく人と関わっていける明るい性格と温かさを見習いたい。
美しいオーヴェの奥さんソーニャも。
ソーニャがオーヴェに手を差し出す時に何で指一本しか出さないの?って思ったら…そうか、握られた手を他の指で守るようにオーヴェの手を握り返す。本当に愛に満ち溢れた女性。
心が温かくなる映画。
妻に先立たれ失業し自殺未遂を繰り返す独居老人…いたたまれない。冷笑が漏れるようなブラックさもありこりゃどうなることかと思ったが呼び起こされる想い…父親との思い出や妻の面影は柔らかくお堅い流れを解していき現実生活での新しい隣人との交流で北国の寒々しい光景や意固地なおじいちゃんの心をも溶かしていく。どう見ても人気を博しそうな内容で自分も好きなタイプの作品かと再生したのだけどいいシーンもあるが思ったより地味だし自分のドツボに嵌るような要素は少なかった。けどお年寄りに優しい映画は問答無用でたくさん作って欲しいとお願いしときます。たくさん観たいです。

まあまあよいです
RiRiCoおすすめ
カトリナそこまでではない
>|