幸せなひとりぼっちの作品情報・感想・評価

幸せなひとりぼっち2015年製作の映画)

En man som heter Ove

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:116分

4.0

あらすじ

愛する妻を失い、哀しみにくれるオーヴェ。1人で生きていく人生に希望が持てず墓参りの度に失意を募らせていた。 ある日、そんなオーヴェの隣にパルヴァネ一家が引っ越してくる。 浴びせられる罵声をモノともせず、何かと問題を持ち込むパルヴァネにオーヴェは次第に心を開いてゆく。 悪態はいつしか愛嬌になり、彼は愛する妻との思い出をゆっくりと語りだした――――――。

「幸せなひとりぼっち」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.0
シネコンの、しかも1番か2番目に大きいスクリーンで観たのだが時間帯(と空模様)のせいかガラガラで、それが映画の雰囲気と妙に相まってなんとなく心地良かった。

なんだかんだで初スウェーデン映画だった気がしなくもないけど、オープニングからこの空気感は好きなやつだなって思った。

ストーリーとしては普通なんだろうけど回想シーンの見せ方がすごくよかった…
主人公の過去を凄く丁寧に掘り下げてくれてたおかげで共感しやすかったし、オーヴェのキャラクターがどんどん好きになっていくのがわかった。
ただただゆったりほっこり系かと思いきや笑うポイントが割とあって、実は扱ってる題材も現代ならではのものもあって、いろいろと詰まってる作品だった。

そして猫がかわいい!…かわいい。
#034
おじいちゃんのハゲ頭と顔(整形してんのかな?妙に張りがありすぎて)不自然だった、もっと自然体な風貌のお爺ちゃんが良かったなぁ、、、
きっと好きな人は好きなやつだとおもう!
アバウトタイムとか好きな人系
肝っ玉が座ったおじいさん
Ako

Akoの感想・評価

3.9
家族ってなんだろう。
優しさって、表面的なものだけじゃないよね。そしてそれに気づける人たちの多さよ。
うーん 幸せだなぁ
りさ

りさの感想・評価

4.5
一瞬「カールじいさんと空飛ぶお家」に似てるって思ったけど、主人公の苦労人っぷりがすごくて、カールじいさんと比べるのはやめました。色々な形の幸せが見れてすごくいい作品でした。
とても心温まる作品。

妻に先立たれれてしまい仕事も失った主人公のオーヴェ。頑固で偏屈をそのまま形にしたようなジイさん。孤独のなか何度も命を絶とうとするも、引っ越してきた隣人に何度も邪魔されて失敗ばかり。

隣人付き合いの現在パート、オーヴェの人生を振り返る過去パートを織り交ぜながら話は進むます。この主人公の描き方が秀逸でいつの間にか取り込まれてしまう自分がいました。
過去の回想シーンが進むにつれて、頑固で偏屈に思えた主人公がとても愛くるしく思えてしまいます!
特に愛する妻との出会いと歩みが、切なくも美しい。

文句を言いながらも断れないジイさん。好きでした(^^)
ゆみ

ゆみの感想・評価

4.5
すっごい好きな作品だった!!
人と関わる、愛す、子供が誕生する、人生が温かいものになっていく。何気ない繋がりが幸せだって感じれる事がとっても大切なんだと思った。
幸せとは、人と繋がることで感じられるのだなと思わせてくれる作品でした。頑固オヤジの心を解きほぐしてくれるのが、戦火を逃れたイラン?からの移民というのが、お国柄なのでしょうか、なかなか興味深くかんじました。
奥さんとの回想シーンからラストシーンまで、ホッコリさせられる一作でした。
けん

けんの感想・評価

3.0
期待していたのだが自分にはあまり響かなかった。
LOVE肉球

LOVE肉球の感想・評価

4.1
面白かった〜!
こういう映画大好きです!
きっと原作も面白いんだろうなぁ……(ベストセラーの小説の映画化だそうですね)
オーヴェ役の役者さんのうまさ、パルヴァネのキャラの良さ、可愛らしい街並みなんともいい雰囲気。色々悲しい出来事続きなのに、物語全体クスクス笑える感じで、微笑ましくて、観終わった後にいい余韻が残ります。
>|