幸せなひとりぼっちの作品情報・感想・評価

幸せなひとりぼっち2015年製作の映画)

En man som heter Ove

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:116分

4.0

あらすじ

愛する妻を失い、哀しみにくれるオーヴェ。1人で生きていく人生に希望が持てず墓参りの度に失意を募らせていた。 ある日、そんなオーヴェの隣にパルヴァネ一家が引っ越してくる。 浴びせられる罵声をモノともせず、何かと問題を持ち込むパルヴァネにオーヴェは次第に心を開いてゆく。 悪態はいつしか愛嬌になり、彼は愛する妻との思い出をゆっくりと語りだした――――――。

「幸せなひとりぼっち」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

4.0
シネコンの、しかも1番か2番目に大きいスクリーンで観たのだが時間帯(と空模様)のせいかガラガラで、それが映画の雰囲気と妙に相まってなんとなく心地良かった。

なんだかんだで初スウェーデン映画だった気がしなくもないけど、オープニングからこの空気感は好きなやつだなって思った。

ストーリーとしては普通なんだろうけど回想シーンの見せ方がすごくよかった…
主人公の過去を凄く丁寧に掘り下げてくれてたおかげで共感しやすかったし、オーヴェのキャラクターがどんどん好きになっていくのがわかった。
ただただゆったりほっこり系かと思いきや笑うポイントが割とあって、実は扱ってる題材も現代ならではのものもあって、いろいろと詰まってる作品だった。

そして猫がかわいい!…かわいい。
オーヴェが頑固じじいと疎まれるほど地域のルールに厳しいのは、理不尽な事が沢山あった彼の人生の中で、規則やルールの様に揺るぎない正しい事にすがりたい思いがあったのかな。
正しく生きた父の背中をみてかもしれないな。
八つ当たりの様な態度を取られても彼に優しい人達はいつもお節介なほど優しくて、
素敵なご近所だった。
オーヴェの意固地な心も優しく解かれていって、最期は気持ちよく奥さんの元へ行けたのではないかな。
もう一回観てちゃんと理解したい気持ちと、なんとなく感じた暖かい思いのままで留めときたい気持ち。
takashi

takashiの感想・評価

3.8
「ヴィンセントが教えてくれた事」
的な?
少し違うけど、偏屈爺さんが越してきた隣人に心開いてくっていう話は大好物。なんならそういう話には飽きてきたぐらいだけど、やっぱり好きだ。
momo

momoの感想・評価

4.3
大きなクライシスは特にないけれど、クスクス笑える場面があったり、 オーヴェの純粋な心に魅了されっぱなしだったり。
人間関係が希薄化されている現代だからこそ、是非とも観たい映画の一本だと思うねぇ~~
若くして妻に先立たれ、ひとり孤独に生きてきた融通の効かない偏屈な老人は生きる気力を失くしていた。

とても素晴らしい作品だった。
お節介な隣人がいたり、厄介ごとも起き、人は人と関わってこそ生きていける。

単身世帯が増えている今こそ、こういう環境が必要で、そうなれば老後も怖くないんだろう。

ずっと観たかった作品、とてもとてもよかった。
cnk

cnkの感想・評価

4.4
良くも悪くも真っ直ぐで頑固なオーヴェの言動が時間が経つにつれ、背景が分かるにつれ、愛おしくなってくる。疎ましく思ってる事も、逃げ出さずに全て解決してからソーニャのもとへ行こうとする姿勢は男としてかっこいい。こっちが感動して泣いてる中、クスッと笑わせて来たりしてずるい映画だなと思った(笑)車の知識を増やしてからもう一度観たいです。
華

華の感想・評価

4.0
泣かされた。
奥さんのソーニャが素敵すぎて、惚れそうになった。あと「デブの保温力はスゴいんだ」って言ってたあいつも最高だった。

私は車のことがさっぱりなので、よく分からないんだけど、車の件で仲違いするくだりが良い。
所有している車の種類で登場人物のキャラ付けをするのって映画で時々見かけるけど、車についての知識があればもっと面白いんだろうなぁ。
T43

T43の感想・評価

4.5
今を精一杯生きる、頂きました。
急がなくてもいつか終わりは
やって来るから。
猫でスコアアップ!
あー不器用で孤独な老人が隣人たちから愛されて人生とはを語るハートウォーミング系ね…と侮ってました。
どこまでも果てしなくハートウォーミングだ。
ごく控えめに言ってスウェーデン最高だ。
>|