幸せなひとりぼっちの作品情報・感想・評価

幸せなひとりぼっち2015年製作の映画)

En man som heter Ove

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:116分

4.0

あらすじ

愛する妻を失い、哀しみにくれるオーヴェ。1人で生きていく人生に希望が持てず墓参りの度に失意を募らせていた。 ある日、そんなオーヴェの隣にパルヴァネ一家が引っ越してくる。 浴びせられる罵声をモノともせず、何かと問題を持ち込むパルヴァネにオーヴェは次第に心を開いてゆく。 悪態はいつしか愛嬌になり、彼は愛する妻との思い出をゆっくりと語りだした――――――。

「幸せなひとりぼっち」に投稿された感想・評価

小森

小森の感想・評価

-
職も妻も失った偏屈爺さんが自殺しようとすると、癖のあるご近所さんたちに毎回図らずとも邪魔をされてしまう。爺さんはご近所さんたちと関わりながら、これまでの人生を振り返っていく。
既視感強いけど手堅くまとめた感じ。
ライ

ライの感想・評価

3.7
記録。オーヴェがかっこいい。
友人から勧められて鑑賞
序盤は少し重めなシーンでオーヴェにまったく移入できなくて、、、。なぜなら基本怒っているし、甲斐性ないしでねー。
でも、あらすじにもあるように引っ越しがきっかけでどんどん変わっていく。過去を話してオーヴェの人生を語る。どんどんと話していくつれにオーヴェの中に希望があったのかもしれないけれど、僕はなんとなく結末がわかってしまいました。友人がいてなくなった妻がいて、住人がいて引っ越してきた夫婦には子供がいて、白シャツがいて猫もいて。オーヴェはずっと守ってきた父の言葉や妻の言葉を。オーヴェはとてもカッコイイ人でした
YooMee

YooMeeの感想・評価

3.9
偏屈オジサンが仕方なく近所づきあいを始めた辺りから面白くなってきて、亡き妻の暮石に薔薇を添え、時に横に寝そべりながら愚痴をこぼすシーンは心温まる。
町内会長VS副会長の愛車自慢など、回想シーンも可笑しかったりホロリとしたり…
とても良い作品だった。

このレビューはネタバレを含みます

心があったかくなる映画でした。

よくある展開、よくあるストーリーかもしれないけど、こういうお話ってやっぱり切なさに心打たれる。

愛していた奥さんを失って、心を閉ざして、死のうとするシーン。
何回も失敗するのが可笑しくて、重いのになんだか軽くて、観やすかった。
テンポが少し鈍い気もしたけど、それもこの作品の良さなのかなぁと思う。

どれだけ彼女を愛していたか、最後のシーンは本当に涙が溢れて溢れて止まらなかった
そして、最後のセリフの私を認めた人だけで…という言葉とお葬式のシーン。沢山の人。
あぁ、良かったなぁとやっぱり泣きました。笑

お隣さんの奥さんが、些細な日常との違いを感じて、オーヴェの家に向かうシーンは胸が苦しくなった。
それだけ、オーヴェと親しくて、大切に想ってたんだなぁと。

エンドロールで感情がさらに昂り泣いてしまう、涙なしには観れない作品でした。
Aya

Ayaの感想・評価

4.5
フライヤーに、SW(フォースの覚醒)を超えるヒット作(スウェーデンで)みたいなことが書いてあって、そこにも興味が沸わいたけど、フライヤー自体の、おじいさんが立っている画のインパクトが強くて絶対に観ておきたい作品の1つだとずっと思っていた。
見始めると、だんだん面白くなっていき、共感するところや、ラストの展開など、とても良い映画だった。
タイトルも、しっくりくる。
みんなに観て欲しいと思う映画の1つ。
yukke

yukkeの感想・評価

4.8
なんて温かい映画、、
序盤から、心にジーンと来るものがあり、涙が頬を伝いました。

オーヴェとソーニャの恋。
オーヴェの家族。
ご近所さんとの関係の変化。
なぜあの場所で働いたのか。
なぜ見回りしてるのか。

ひとつひとつがとても丁寧に描かれていました。これで116分なんだと驚いたぐらい。

頑固な偏屈おじいさんですが、家族を愛し、家族に愛された幸せな人です。
お墓を優しく撫でるシーンが優しくて愛おしくて、毎回胸を締め付けられました。

幸せと悲しみ、人の心の強さと弱さがとても上手に描かれていた素敵な映画だと思います。今を大切に生きよう。
m

mの感想・評価

-
いい映画を観た後はその世界から出たくなくてずっと余韻に浸っていたくなる 色んな場面で色んな感情の涙がでた 映画でこんなに泣いたのって久しぶりだったかもしれない 上手に生きることも死ぬこともできないけれど、ただ今を生きていれば心が救われることもきっとあるんだって思わせてくれた スウェーデン映画の静かな感じとてもわたしに合っていると思った ほんとうによかった
わや

わやの感想・評価

4.0
こういう系統の話はもちろんいいに決まってるんだけど、
奥さんとの話が結構あたたかくてすきだった。
>|