幸せなひとりぼっちの作品情報・感想・評価

幸せなひとりぼっち2015年製作の映画)

En man som heter Ove

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:116分

4.0

あらすじ

愛する妻を失い、哀しみにくれるオーヴェ。1人で生きていく人生に希望が持てず墓参りの度に失意を募らせていた。 ある日、そんなオーヴェの隣にパルヴァネ一家が引っ越してくる。 浴びせられる罵声をモノともせず、何かと問題を持ち込むパルヴァネにオーヴェは次第に心を開いてゆく。 悪態はいつしか愛嬌になり、彼は愛する妻との思い出をゆっくりと語りだした――――――。

「幸せなひとりぼっち」に投稿された感想・評価

小森

小森の感想・評価

-
職も妻も失った偏屈爺さんが自殺しようとすると、癖のあるご近所さんたちに毎回図らずとも邪魔をされてしまう。爺さんはご近所さんたちと関わりながら、これまでの人生を振り返っていく。
既視感強いけど手堅くまとめた感じ。
頑固じいさん主役の人情もの…と思ってたら、一途なラブストーリーだった!

''デブの保温力''ってパワーワードにほっこりしたし、ニャンコがおりこうさんで可愛い。近隣住民は、移民に障がい者にゲイ…といわゆるマイノリティ集めましたって感じで、少々あざとい感じはするけど…

ハリウッドや英国の有名じいさん俳優が主演の人情ものって、「偏屈ガンコ爺が、周りの女子供の気遣いや優しさに救われるけど、結局たいして心を入れかえる事もなく、ちょっとの善行でなんとなく許されてハッピーエンド☆」ってなパターンが多いじゃないですか(偏見)。
スウェーデン発とはいえ、この映画もその手のやつか…と思いきや、周りの住民たちもわりと押しが強くてグイグイ来るし、じいさんと妻の思い出シーンがいじらしすぎて、さすがにじいさんを好きにならずにはいられない。

じいさんの若い頃役の俳優さんは、ユアン・マクレガーを縦に細長くした感じで良いね◎
ogi

ogiの感想・評価

4.0
なんかイイですね。
考えさせられます。
コミュニティは大切に…
em

emの感想・評価

3.9
いい映画見たーって思う。
やっぱり人に頼られたり関わりがあるって凄い事なんだよね。
何か、最初から最後まで可愛いかった^^
誰か1人だけでも
愛し、愛されることの尊さ

32
藤井淳

藤井淳の感想・評価

4.1
頑固爺さんの愛くるしくも微笑ましい物語
スウェーデン映画
ゆかち

ゆかちの感想・評価

5.0
思わぬ良作に涙涙でした( ; ; )
捻くれてるけど純粋な愛に溢れた作品でした…♡
妻に先立たれ仕事も辞めさせられ、人生を終わらせようと考えていたオーヴェ。そんな中隣に引っ越してきた四人家族。自殺を試みるタイミングでいつも騒がしくなる隣家族(笑)
偏屈で頑固だったオーヴェが、新たな出会いによって元々持っていた優しい心を少しずつ出すようになります(*^^*)
合間に入る奥様との出会いや辛かった出来事の思い出が、本当に彼女のことを愛していたんだなってグッときました。お互いがお互いのことを同じくらい大好きな気持ちを持ち続けていられたら、ずーっと幸せなまま過ごせるんだな♡

最後は幸せ、少しは取り戻せたかな??♡
poi

poiの感想・評価

4.0
記録
最愛の奥さんを亡くして1人生活する厳格な老人が、近隣の人々との関わりの中で再び人間味を取り戻して行くお話。
グラン・トリノ(内容忘れたけど)的な感じだろうと思って観てたら案の定そんな感じだったけど泣けた。
話が進んで行く中で少しずつソーニャとの思い出が回想されていて、亡くなるまでどんな経緯があったのかが明らかになっていく辺りも構成的に好き。
ラストシーンもいい感じ。
rain

rainの感想・評価

4.2
これは泣きます。

偏屈で頑固なおじいさん。おじいさんのそれまでの人生は辛い事がたくさんあって…最愛の人との日々がまた泣ける。だってあの時のおじいさんとっても素敵に笑えてたんだもん。
おじいさんの周りにいる人たちも良いです。
奥さんが言った「今を必死に生きる」。おじいさんはその言葉を守って生きている。

大好きな作品の1つ。
>|