幸せなひとりぼっちの作品情報・感想・評価

幸せなひとりぼっち2015年製作の映画)

En man som heter Ove

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:116分

4.0

あらすじ

愛する妻を失い、哀しみにくれるオーヴェ。1人で生きていく人生に希望が持てず墓参りの度に失意を募らせていた。 ある日、そんなオーヴェの隣にパルヴァネ一家が引っ越してくる。 浴びせられる罵声をモノともせず、何かと問題を持ち込むパルヴァネにオーヴェは次第に心を開いてゆく。 悪態はいつしか愛嬌になり、彼は愛する妻との思い出をゆっくりと語りだした――――――。

「幸せなひとりぼっち」に投稿された感想・評価

小森

小森の感想・評価

-
職も妻も失った偏屈爺さんが自殺しようとすると、癖のあるご近所さんたちに毎回図らずとも邪魔をされてしまう。爺さんはご近所さんたちと関わりながら、これまでの人生を振り返っていく。
既視感強いけど手堅くまとめた感じ。
wert

wertの感想・評価

4.5
とても良かった。
猫と子供に好かれる人に悪いひとはいない。
隣に越してきたペルシャ人?の奥さんがとても好き。最高。
❮WOWOW❯

後からジワジワくる作品。
観賞直後は4点だったのが、
時間が経つにつれて評価が上がり結果満点。
maicon

maiconの感想・評価

3.5
コメディて書いてあったけど結構シリアスだった!
不運な人生に涙…だけど出てくる人、みんな根はいい人っていうのに救われた。
この主人公はしあわせだ。まわりに恵まれているのもそうだけど、なによりしあわせな思い出がたくさんあるからだ。過去を引きずるのはよいとは思えないけど、積み重ねた過去があるから今の自分があるんだと思う。
いやぁ参った‼︎素晴らしい映画だった‼︎スウェーデン映画、期待せずにレンタルしたから物凄く得した気分です。

妻に先立たれた元町内会長?の頑固偏屈オヤジの近隣住民とのやりとりがたまらなく面白い‼︎口は滅茶苦茶悪いが、言ってることは至極まとも。最後にはなんやかんや、依頼人のオーダーに応えてあげる。

妻が眠る墓石に語りかける内容も、しみじみしながらも笑える内容。優しい人柄が垣間見れる。

グラントリノ、ダニエルブレイク等、頑固オヤジ作品は主人公がブレないから傑作が多いが、本作も間違いなく傑作‼︎

ラストはポロポロと暖っかい涙が頬を伝っていました。だから映画はやめられない‼︎

⭐️教訓⭐️思ったことを口にする。正論であってもなかなか難しい。信念ぶらさず一本気‼︎頑固オヤジの真髄である。
あ

あの感想・評価

5.0
涙した。心温まる映画。
老後、1人になってもしっかりしてたい。
真っ直ぐでありたい。
人を愛して、ちゃんと思い続けたい。
出会いも素敵なんだなー。

近くに住んだ人が、まさかの
1番の親族になるとは。。。

お墓まいりのたびに、まだ逝けない、まだ逝けないと。。。
後悔して人生終わりたくないって意味かなー。

奥さんも、とても頑張り屋さん。教師になる為に本気で前に進もうとしてた。
みつる

みつるの感想・評価

4.1
only

泣けた…。
ここ最近観た中で、一番好きな映画かも。
あんなに愛された奥さん、羨ましい。
オーヴェと猫ちゃんの最後のシーンは、息が出来なくなった。
見て良かった。
沢山の人に見て欲しい。
ゆりな

ゆりなの感想・評価

3.8
人生って、本当に長い旅なんだな。長くても無駄な日なんてないんだな。「それで良い」じゃくて少しでも「それが良い」「それだから良い」と決断していきたい。そう思った。

お墓参りのシーンがどれも可愛い。猫が可愛いんだけど、でっっかい。

北欧の雰囲気と会話のテンポが終始可愛いんだけど、寂しさもたっぷりはらんでいる映画。

若いときはドラマチックなんだけど、主人公のおじいさんの年老いてからが、ドラマチック過ぎないリアルな時間の流れが沁みた。
律儀で昭和の日本人…ALWAYS三丁目の夕日に出てくる堤真一みたいな頑固ジジイが◎
Nene

Neneの感想・評価

-
記録用。
>|