幸せなひとりぼっちの作品情報・感想・評価

幸せなひとりぼっち2015年製作の映画)

En man som heter Ove

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:116分

4.0

あらすじ

愛する妻を失い、哀しみにくれるオーヴェ。1人で生きていく人生に希望が持てず墓参りの度に失意を募らせていた。 ある日、そんなオーヴェの隣にパルヴァネ一家が引っ越してくる。 浴びせられる罵声をモノともせず、何かと問題を持ち込むパルヴァネにオーヴェは次第に心を開いてゆく。 悪態はいつしか愛嬌になり、彼は愛する妻との思い出をゆっくりと語りだした――――――。

「幸せなひとりぼっち」に投稿された感想・評価

こけし

こけしの感想・評価

4.3
あーここがポイントなんやな、ってのがなくて
見てる間ににだんだん丸くなってってどんどん温かくなって、
ぜんぜんひとりぼっちじゃないしそれに気づくまでの物語
ことあるごとに周りに声をかけられるオーヴェは実は頼られてるし愛されてる
邦題をつける必要があったんか、不思議でならん(*‘ω‘ *)
原題:A Man Called Ove
mamico

mamicoの感想・評価

3.8
ありがちだけどいいはなし
オーヴェ59歳は嘘でしょ
ここ最近、孤独な老人を描いた映画が多いな

98879
はじめてスウェーデンの映画を鑑賞。
最初は気い悪い癇癪持ちの爺さんの話かと思ってたが、最後号泣してました。
愛する妻に先立たれ、職も失い、人生を終わらせようと試みるも、隣に越してきた、明るい家族にことごとく邪魔されなかなか死ねない。正直になるのは誰かの後押しがいる。そして、人は一人じゃ生きてけないし悲しみも楽しさもあるというのをすごくわかりやすく描いている映画。幸せなひとりぼっちというタイトルが染みる。
ikura

ikuraの感想・評価

5.0
メモ:ロルフ・ラスゴード
頑固老人が、それを気にせずからんでくる他人の影響で心開いてく話は割とよくあるけど、なんかこれはすごくよかったー。

デブの体温なめんなよ!って裸で猫あっためる隣人とか、ゲイのケバブ青年とのからみとか、クスリとしてしまうエピソードもやりすぎ感なくてちょうどよかった。

自分もしあわせなひとりぼっちで、猫を腹に乗せて死にたいな。

若い頃を演じてた役者さんがタイプでした。
アヤミ

アヤミの感想・評価

3.3
主人公があまりに不幸でいたたまれん。
私はダニエルブレイクと同じ匂いのする物語だった。近隣の人との出会い、その出会いによって柔らかくなり最後を迎える。
新しさがなく正直途中で飽きてしまった…とにかく不幸。不幸にもほどがあるほどに不幸。
Aym

Aymの感想・評価

5.0
不器用だけど暖かくて、素敵な人。妻を心から愛していて、とてもうらやましい。涙がポロポロ溢れた、みてよかった。
みゆ

みゆの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

手先は器用だけど人付き合いは不器用な主人公。

タイミングが良すぎるのか、はたまたタイミングが悪すぎるのかw

車の好みが強すぎる男は厄介w
運転うまいのは素敵♡

奥さんのソーニャ笑顔かわいすぎ美人すぎ!!

初デートのお花とか突然始まっちゃうのとかときめいた。+゚(*´∀`*)。+゚
maiko

maikoの感想・評価

4.0
すごく良かった!!!!!
最後の方ずっと泣いてた(笑)
人生って色んなことが起こるし幸せなことも悲しいこともどっちもある。
だからこそ今を生きることが大事なんだなーと思った。

おじいさんの若い頃の俳優さんイケメンだった(^^)笑
>|