幸せなひとりぼっちの作品情報・感想・評価

幸せなひとりぼっち2015年製作の映画)

En man som heter Ove

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:116分

4.0

あらすじ

愛する妻を失い、哀しみにくれるオーヴェ。1人で生きていく人生に希望が持てず墓参りの度に失意を募らせていた。 ある日、そんなオーヴェの隣にパルヴァネ一家が引っ越してくる。 浴びせられる罵声をモノともせず、何かと問題を持ち込むパルヴァネにオーヴェは次第に心を開いてゆく。 悪態はいつしか愛嬌になり、彼は愛する妻との思い出をゆっくりと語りだした――――――。

「幸せなひとりぼっち」に投稿された感想・評価

R

Rの感想・評価

4.6
じぃいいぃーーーーん。。。
心ポカポカーー。。。
涙ポロポローーーー。。。

久々に映画で うぅうってなったあ。
オーヴェ。あんた生きるのが下手すぎるよ。笑
だけど最後でわかる、みんなあなたを認めてた。

どんなに口悪くてうるさくても喧嘩っ早くても頭堅くても、妻を一途に愛することができるひとだからこそ、オーヴェも愛を与えられた、そして与えることができた。

おっきくて深い深い愛をもってるオーヴェ。
わたしもあなたのようになりたい
ぼぶ

ぼぶの感想・評価

4.4
小さな町の小さな集合住宅が主な舞台。
そして主人公はそこに住むルールに厳しく、頭が固くて、すぐ悪口言うし、不愛想で、偏屈なお爺さん。
だいたい偏屈になるには理由がありそうなものだけど、どうやら奥さんが亡くなってることと、だから後を追いたいから死のうとしてることだけはわかっても、背景や経緯はぼんやりしていて、結構終盤まで明確にはならない。
でも、それが良い。
色んな理由がわかった時、それはこのお爺さん、オーヴェがひとりぼっちじゃなくなった時であり、ひとりぼっちへ向かった時だから。

基本的に家や駐車場や通り道など、決まったセットでの同じカットがあるにも関わらず、登場人物や時系列の前後などでいくつものシーンになっていくのが映画好きとしては面白い(ex.オーヴェの家の中だけど、ソーニャと越したばかりの時は本棚が少なかったり、あっちの家をこっちから見ると…とか)。
また、ソーニャは綺麗さ&可愛さと賢さとユーモアと思いやりと…色々兼ね備え過ぎてて素敵だったし、だからこそこの2人は眩しかった。

車の話の時だけ饒舌だったり、生きてるって感じだろ!とか、正直に生きるのは難しいからそのために少しだけ背中を押してあげるとか、運転教えるとか、ゲイ泊めるとか、ミルフィーユ食べるとか、小エピソードがどれもこれも良い話だった。
死のうとして全然死ねないのも笑える。笑

きっと最後は胸がスッキリするし、どんな気持ちの人が観ても得るものがあると思う。
愛が溢れてたんだな、お爺さん名演技だぜ、これは本当に。

とりあえず、ソーニャみたいな人に会えソーニャ電車の、向かい合う座席で横になるとこから始めたくなる一作。
yonemo

yonemoの感想・評価

4.4
心が変わっていくおじさん映画
ena

enaの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます


家に、亡き妻の洋服がその当時のまま置いてあったり、声をも忘れたくないし、寝る時もダブルベットに真ん中に1人で寝るんじゃなくて、ちゃんと妻がいた頃と同じように片側に寝てて、それくらい愛してた妻がいなくなってしまって、その妻に会うことだけを考えながら過ごしているおじちゃん。
そのために何度も自殺を図る。その時に昔の思い出が巡って回想シーンが流れて
幼い頃から妻と出会った所や、この街に引っ越したばかりの頃や、子供が妻のお腹にできた頃や、最後の旅行、、
その中ですごく愛されてた妻がとてもキュートで素敵な方っていうのも感じて、そんなら彼女と結婚したおじちゃんはまた、ちょっと神経質だけどとても優しいすてきなおじちゃんで。感情移入しすぎて回想シーンのたびに涙涙。

最初の何でこんなに、この頑固そうなおじちゃんは周りの人をシャットアウトしてしまってるのか?寂しいおじちゃんなのか?なんでこんな頑固じいちゃんを周りは構うのか?
どんどんその思い出によって
こんな人生を生きてきて、この家に住んでいて、だから知り合いの人らは心配してた部分もあるし、
新しくとなりに越してきた家族も
愛たっぷりな家族で、この頑固おじちゃんを構って、その家族の本当に祖父の様に頑固おじちゃんもなっていって。

何か頼まれたら、なんだかんだなんでもこなしてしまう。おじちゃんもいつのまにか歳を重ねているから、自転車のパンクも直してくれるし、食洗機の設置もしてくれて、ストーブも直してくれて、、
とても頼もしい。
頑固になってしまった部分は若い人たちが寄り添ってほぐしてあげてて、悩める若い人たちには、おじちゃんが喝を入れてあげて
こういう、なんでもできて、怒鳴ってくれるおじちゃんってどんどん少なくなってしまっているんじゃないかな。。

途中から後半までずっと涙。
かと思いきや、フハッとすぐ笑ってしまうような場面もあって。
とても幸せな気持ちで見終えることができた。
頑固じいさん主役の人情もの…と思ってたら、一途なラブストーリーだった!

''デブの保温力''ってパワーワードにほっこりしたし、ニャンコがおりこうさんで可愛い。近隣住民は、移民に障がい者にゲイ…といわゆるマイノリティ集めましたって感じで、少々あざとい感じはするけど…

ハリウッドや英国の有名じいさん俳優が主演の人情ものって、「偏屈ガンコ爺が、周りの女子供の気遣いや優しさに救われるけど、結局たいして心を入れかえる事もなく、ちょっとの善行でなんとなく許されてハッピーエンド☆」ってなパターンが多いじゃないですか(偏見)。
スウェーデン発とはいえ、この映画もその手のやつか…と思いきや、周りの住民たちもわりと押しが強くてグイグイ来るし、じいさんと妻の思い出シーンがいじらしすぎて、さすがにじいさんを好きにならずにはいられない。

じいさんの若い頃役の俳優さんは、ユアン・マクレガーを縦に細長くした感じで良いね◎
ogi

ogiの感想・評価

4.0
なんかイイですね。
考えさせられます。
コミュニティは大切に…
em

emの感想・評価

4.0
いい映画見たーって思う。
やっぱり人に頼られたり関わりがあるって凄い事なんだよね。
何か、最初から最後まで可愛いかった^^
誰か1人だけでも
愛し、愛されることの尊さ

32
藤井淳

藤井淳の感想・評価

4.1
頑固爺さんの愛くるしくも微笑ましい物語
スウェーデン映画
ゆかち

ゆかちの感想・評価

5.0
思わぬ良作に涙涙でした( ; ; )
捻くれてるけど純粋な愛に溢れた作品でした…♡
妻に先立たれ仕事も辞めさせられ、人生を終わらせようと考えていたオーヴェ。そんな中隣に引っ越してきた四人家族。自殺を試みるタイミングでいつも騒がしくなる隣家族(笑)
偏屈で頑固だったオーヴェが、新たな出会いによって元々持っていた優しい心を少しずつ出すようになります(*^^*)
合間に入る奥様との出会いや辛かった出来事の思い出が、本当に彼女のことを愛していたんだなってグッときました。お互いがお互いのことを同じくらい大好きな気持ちを持ち続けていられたら、ずーっと幸せなまま過ごせるんだな♡

最後は幸せ、少しは取り戻せたかな??♡
>|