幸せなひとりぼっちの作品情報・感想・評価

幸せなひとりぼっち2015年製作の映画)

En man som heter Ove

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:116分

4.0

あらすじ

「幸せなひとりぼっち」に投稿された感想・評価

えみ

えみの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

「本当に死ぬのが下手くそね」
っていうセリフが
あ、知ってたのかなって
印象的だった。

見終わって、ほ〜って、よかった。ってなった。
Sayaka

Sayakaの感想・評価

4.2
スウェーデン映画ってゆうのが凄く面白かった!
音楽が少しドイツっぽい低めの重圧感あるやつで個性的だし(またそれが主人公の頑固な性格を表してる?)、車はボルボなのかサーブなのかとかローカルネタも盛り込まれててね。
スウェーデン語は時たま英語の発音に似た音が混じってるんですね。

ラストは、あぁやっぱりそうだよねという納得感。寂しかったとはいえ、幸せだったんじゃないでしょーか。
人はみんな家族がいたって、パートナーと24時間一緒にいたって、生まれてから死ぬときまで一人なんだよね。
ただ誰か大事な人を失うと、喪失感から絶望的になる。とくに"独り"だとね。
Hinako

Hinakoの感想・評価

4.3
幸せを感じられる映画!

ところどころで、出てくる隣人の奥さんのセリフがめっちゃ響く!
シルク

シルクの感想・評価

4.4
最初はコメディと観てたのですが、中盤辺りから???

最愛の妻を亡くして生きる気力が無い主人公が、妻の写真に向かって、今日は会えるからみたいな事を呟きながら、何度も自殺を計るのだが、ロープが切れたり、お隣さんが越して来たりと…その度に邪魔が入り死ぬ暇も無い。


真面目だが、融通がきかない頑固者、口も悪く周囲から変人扱いもされるが、几帳面で見て見ぬフリが出来ずご近所のトラブルや人助けもしたり…で、頼りにもされてる

そして、若きし日の妻との回想シーン。
奥さんがあまりにもチャーミングで、行動的で、人付き合いが苦手な彼には、もう相性ぴったりお似合いのカップルだった。
幸せな結婚生活だった。
この回想シーンが好きでした。 彼もハンサムだった^ ^

そして、何となく予想はしてましたが、最後はその予想以上に涙が溢れました。
でも、決してお涙頂戴な的なものではなく心にジーンと来た素晴らしいお話でした。
takumi

takumiの感想・評価

4.3
これ見るときは吹き替えとか絶対しちゃダメ
スウェーデン語すごい好き
ストーリーもいい感じのラインを攻めてて心地よい。あと泣ける
Hello

Helloの感想・評価

4.0
お涙頂戴系だけど、綺麗すぎないリアリティがすごくよかった。
しまこ

しまこの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

毎回自殺を試みるが結局死ぬまでいかない。その時におじいさんの生い立ちとかが分かっていく所がいい。最初は偏屈で頑固だなぁと思っていたけど、生い立ちから奥さんを亡くすまでの過程を知ったら寂しさを感じた。人は一人だけどおじいさんは最期は一人じゃなかった。最期は寂しさだけじゃない気持ちで奥さんのところへ行ったのだと思った。出会った列車で奥さんを見るおじいさんの顔がすごく優しく泣けてしまった。良い映画でした。
ルル

ルルの感想・評価

5.0
映画の中では一番泣いた
偏屈男やもめジジイと若者、移民て映画。
グラン・トリノのヨーロッパ版かな。

若い頃の回想シーンが好き。
観てよかった。
>|