幸せなひとりぼっちの作品情報・感想・評価

幸せなひとりぼっち2015年製作の映画)

En man som heter Ove

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:116分

4.0

あらすじ

「幸せなひとりぼっち」に投稿された感想・評価

えみ

えみの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

「本当に死ぬのが下手くそね」
っていうセリフが
あ、知ってたのかなって
印象的だった。

見終わって、ほ〜って、よかった。ってなった。
桑田

桑田の感想・評価

5.0
妻に先立たれ仕事も失い未練なんてなく死ぬ事を選んだオーヴェが、隣に越してきた家族と触れ合う事で少しずつ大切なものを増やしていく様子がとにかく良かった🥺🥺🥺泣いた、、、🥺最高にいい作品だった🥺回想で入るオーヴェの人生が切ない🥺最後の電車の中のシーンはミケランジェロのアダムの創造感があってすごい胸滾った🥺ミケランジェロの方は男同士やけども🥺🥺🥺全部が綺麗な映画やった、、、、最高
KAY

KAYの感想・評価

-
良かった
木蓮

木蓮の感想・評価

3.8
最初は、偏屈な爺さんが面倒な事ばかり言っていて、この映画のどこが良いんだろうと思っていたのですが、最愛の妻を亡くして自殺しようとする時に過去が走馬灯の様に思い出され、彼が偏屈なのは真面目で誠実だからだという事が分かり、最愛の奥さんとの出会い・結婚・夫婦の生活を見るにつけ、彼が愛おしくなってきます。
隣に越してきた人懐っこい移民の奧さんに振り回されながら、次第に心を開いていく過程も微笑ましく、もうすっかり彼のことが好きになっています。
良い映画でした。
ちい

ちいの感想・評価

-
とってもよかった

どんなにひとに無愛想でも
不器用だけどまっすぐ生きてるオーヴェのことを
みんな嫌いにならないのね

ソーニャみたいな女性になりたい
マダム

マダムの感想・評価

3.8
偏屈な、おじいさんが、新しく現れた隣人の存在によって、こころを、ひらいてゆく。
世間と関わるのが、苦手な若者が、美しい女性と知り合い夫となり彼女をとおして世界が広がったのに、その妻を失うことで、世界への扉がとざされてしまう。
生きるすべを失った偏屈さんに、こんどは、隣人として、美しい女性が、あらわれ、世界への扉をあけてくれる。
同じようなテーマの作品を何本か見たような覚えがあるけど、
偏屈さんのみになって、入り込んでみていた。扉を開けるキーとなる人と何度も巡り会える偏屈さんは、きっと素敵な、偏屈さんなんでしょうね。
心暖まるお話だった。
キーとなる女性が、とても、強くて可愛い!たのもしいわね。女はー!!
na

naの感想・評価

-
出てくる女性たちがとってもキュート
レストランでのやりとりと、何度も出てくるお墓のシーンが印象的
愛し愛された人生だったんだなあ…
minami

minamiの感想・評価

4.4
Laleh!
サボっとったわい

今年は劇場鑑賞はまだや ちっ
けども
ホームシアターでは7本目

WOWOW録画積青盤の中から
7本目選んだは

【幸せなひとりぼっち
/en man son heter ove】をば

ん…意味わからんな
A Man Called Ove へーなるほ

スウェーデン映画とな
20151225公開 3週連続1位ほー
DG:$20,224,613/¥120.4/24.4億円
2015YR:2位
1位はSWフォースの覚醒やて

20160930米公開
PB:n/a
DG:$3,479,315/¥101.3/3.5億円
FG:n/a
2016YR:175位

20161217日本公開
うぇdataわからんで

20170705青盤発売

20180306WOWOW録画
20190119録画盤鑑賞

★★★★☆ 4.0 I like it.

言いたくなる
筋が通らない
ランチだ!?

踏切り渡って
妻に愚痴る
二束を墓前に供えて

寂しいよ

EN MAN SOM HETER OVE

★★★★☆ 4.0 I like it.

邪魔される
逝こうとしても
バカな隣人に
少し遅れるよ
死ぬのが下手な頑固爺

話はどこぞに任せるで

ま~…面白いな!
しかもサラサラと落涙してもうた!
劇場で観たかったな

不機嫌な頑固爺の
死に方の生き方w

身綺麗にして
妻のそばに
逝きたいのに逝けない
滑稽さ いいね

不機嫌に見えてしまう真面目さも
バカめと毒づく傲慢さを纏う

そんなオーヴェは
寂しいよと花束持って
ソーニャに愚痴りにいく

片づけていない妻の服
妻の声、妻の姿
匂いで現出させる流れ画が いいね

わかんねーと思って
ルネに止められるとこ
ワロたでw

死と人生
死と過去
父の死…ぎゃっ!

“運命とは人の愚行の積み重ね”

赤い靴
妻との出会い
いつも本を読んでいた妻
ソーニャの笑顔 いいね

隣人の子供たち
クマのように読む いいねw

ルネとのしょーもない張り合い ワロた
白シャツめ!むかつく いいね

隣人の愚行の結果が
頑固さを溶かしていく







まじかよ
衝撃…なんてことだ
なんてことだよ

怒りを鎮めたのは
ソーニャの一言
ソーニャの生き方…落涙

抱くはずだった
隣人のおかげで
揺りかごが役立った…落涙

雪降る朝に…カーテン開けて
胸騒ぎ
猫を胸に…
え上手に逝けたってことなんか
いやそれとも ちと驚き

やっと…ソーニャに会えた

★★★★☆ 4.0 I like it.
20190120再鑑賞したった

いい映画だな
と思うがやっぱり
先に妻に先立たれると男はダメやな

変人でもいいだよ
愛する妻がいれば

隣人がいれば
自分の葬式には何人来てくれるだろうか
>|