幸せなひとりぼっちの作品情報・感想・評価

幸せなひとりぼっち2015年製作の映画)

En man som heter Ove

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:116分

4.0

あらすじ

「幸せなひとりぼっち」に投稿された感想・評価

Kensuke

Kensukeの感想・評価

4.1
良かった。

面倒臭い頑固老人を淡々と描いて進んで行くけど、ラストに向けて少しずつ周りの人との繋がりが強くなって行く様子が押し付けがましくなくて良かった。

ブルーハーツの
「写真には写らない美しさ」を感じた。
みんな色んな過去はあるけど、性善説肯定。

明日はハンチングをかぶろう。
K

Kの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

とても良作でした…。
ストーリーでいうとシングルマンを思わせる流れ。物語をゆっくりと辿っているような構成で見入ってしまう。主人公の男はとても頑固で偏屈で、駐車違反や通行等地域の規則を守らない人間や自分のパーソナルエリアに入ってこようとする人らを疎み、小言を吐き、自ら孤独に踏み込んでいるような、側から見たらとにかく面倒くさい人間。

この映画はそんな彼が癌で先立ってしまった妻の後を追う為に自殺しようとするところから始まるのだけど、隣に越してきた騒がしい隣人の邪魔が入って中々死ねない。この隣人との出会いをきっかけに頼まれごとを渋々引き受けて行くうちにどんどん人との繋がりが増えていって、孤独に死ぬはずだった男は最期、温かい人々に囲まれながら看取られてゆくのでした…というヒューマンコメディ(コメディに分類するのはちょっと悩ましいところだけどとにかく微笑ましくて心が温かくなる話)

劇中彼が幾度か自殺を図るシーンでは必ず過去の回想、妻との思い出が走馬灯のように入るのだけど、それにもいちいち感情移入してしまう。母を失い、父にも先立たれ、1人ぼっちだったところで自分を理解してくれる女性に出会って、恋をして、結婚して、その記憶は本当に幸せそうで、懐かしくて…。でも、そんな妻にも先立たれてまた1人ぼっちになってしまった。不器用だから誰にも頼れないし誰とも関係を築けない。

自殺に失敗する度に先立たれた妻の墓に行くシーンも凄く好きだった。渋々野良猫を引き取ることになると「居候が増えてそっちに行くのがまた少し遅くなりそうだ」とごち、死に損なうたび「今日はこんな邪魔が入った、まだ当分そちらには行けない」「お前を待たせるのは初めてだな」なんてグチグチ言いつつも、実は死ねないことにも少し安堵していたんじゃないかな、なんて考えて、孤独な世界に残された者として中々妻の元へ行けない悲しさはあれど、見ている側としてはなんだか微笑ましくなってしまう。

物語後半、主人公が死にかけるも無事生き返ったところで隣人の言った「あなたって、本当に死ぬのが下手くそね」というセリフで、ああ、この人たちもなんだかんだ彼のことを気にかけていて、きっと途中からは自殺のことにも気づいていて、それを阻止しようとしてくれていたのかなあ、なんて考えて、人って温かいなと思ったし、頑固で不器用な彼の最期が孤独でなくて本当によかったと思った。彼はそうして幸せな1人ぼっちとして妻に会いに行けたんだ。

温かい気持ちになりたい時はまたいつでも見返したい。心にしまっておきたくなる話でした。
Kittens

Kittensの感想・評価

3.5
おかしくなってもおかしくないなと思わされる孤独になってしまったおじさんの心が再び溶け出すまでのお話

北欧の感じが出てるのはよかった

グラン・トリノの方が好きかな
まよ

まよの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「君が好きなものを注文できるように」
素敵な夫婦
aizacctash

aizacctashの感想・評価

4.3
電車の中で2日間に分けて視聴。公共機関で見る映画では無いね。コメディドラマなのに泣ける映画でした。偏屈ジジイの話。過去の描写を混ぜながらジジイの変化を楽しませてくれる。もしかしたらこちら側のジジイを見る気持ちが変わってるのかもしれない。
あず

あずの感想・評価

-
この手の映画には弱い。。
八雲

八雲の感想・評価

3.8
車同士の接触があってもそこまで大事にしないようなシーンがあって、スウェーデンというかヨーロッパ全体のおおらかな雰囲気を感じるなぁと思いながら観てた。あと何といってもねこが可愛かった。

後半は少し泣いてしまった。
ゆっくりとしたいい映画でした。
nisui

nisuiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

妻に先立たれ長年勤めてきた会社もクビになったので妻のもとに行こうとするもことごとく失敗する話。
男三人with猫の早朝見回りシーンがとってもかわいい。近所の旦那と仲互いした理由がくだらなすぎる~。これが「信仰上の理由」ってやつか。
ここまで頑固だと生きづらいだろうなあとは思うけど、マナーを守って生活してる人にはありがたい存在でもある。
奥さんが本当に素敵。自分が一番大変な目に遭ったのに復讐に燃える夫を「今を必死に生きるのよ」となだめる人柄が素晴らしい。
「葬式は私を認めてくれた人だけでやってくれればいい」と言い残した彼の葬式にたくさんの人が集まったのを見るに、妻が遺したものを自らの行動によって自分のものにできたってことだよね。こんな人生の終わり方、あこがれちゃう。
koris

korisの感想・評価

2.5
愛した妻がいなくなってしまい、1人になったオーヴェ。はじめはみんなから変人と煙たがられる存在で、自身もさっさとこの世とおさらばしよう、彼女のところに行こうとしていたけれど、新しい隣人が引っ越してきたことで状況が一変。彼は変人だったけれど少しの変化で周りもそれに合わせるように変わっていくように見える。でもきっとそれはオーヴェが素直になって人と接するようになった証だと思う。ひとりぼっちだけど周りの人に実は支えられてるし、必要とされてるよというメッセージ性がある温かい映画だった。
ポチ

ポチの感想・評価

4.5
ちょっと偏屈なおじいさん( ノД`)
最愛の妻に先立たれ、仕事も失ってしまう…自分も妻の後を追って死にたいけれど、いつも何かに邪魔される🎶
ひとりぼっちのつもりだったけれど、自然と彼の周りに人が集まってくる✨
色んな形の優しさに囲まれている彼は全然ひとりぼっちなんかじゃない(˶‾᷄ ⁻̫ ‾᷅˵)人の優しさと繋がりにホッコリする作品✨
>|