いずみたつや

グレート・ウォリアーズ/欲望の剣のいずみたつやのレビュー・感想・評価

-
善悪で語れる分かりやすい登場人物がいっさい出てこない人間描写の複雑さは、主人公が誰なのか分からなくなるほど。

首つり死体の下の愛、ペストを使った攻防など、クローネンバーグ節全開の悪趣味が炸裂するところも最高でした。

また、女性が非常に強かな点もクローネンバーグらしく、その判断力や行動力には終始ハラハラさせられるし、アッパレとしか言いようがない清々しさを感じました。