GANTZ:Oの作品情報・感想・評価

GANTZ:O2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

3.7

あらすじ

地下鉄で事件に巻き込まれ、命を落とした高校生の加藤勝。 次の瞬間、加藤はマンションの一室にいた。そこで玄野というリーダーを亡くし 失意の東京チームと出会う。彼らと共に転送された先は、東京ではなく、火の手があがる大阪の街だった。加藤は命がけのサバイバルゲームに挑むこことなる。 曲者揃いの大阪チームとの遭遇。強力な妖怪型の星人軍団=百鬼夜行との戦闘。 シングルマザーでありながら戦いに身を投じ…

地下鉄で事件に巻き込まれ、命を落とした高校生の加藤勝。 次の瞬間、加藤はマンションの一室にいた。そこで玄野というリーダーを亡くし 失意の東京チームと出会う。彼らと共に転送された先は、東京ではなく、火の手があがる大阪の街だった。加藤は命がけのサバイバルゲームに挑むこことなる。 曲者揃いの大阪チームとの遭遇。強力な妖怪型の星人軍団=百鬼夜行との戦闘。 シングルマザーでありながら戦いに身を投じていた大阪チーム山咲杏との出会い。 さまざまな事態に翻弄されつつも、加藤はたった一人の家族である弟のもとへ 帰るため、死線を潜り抜けていく。 やがて、加藤らの前に大ボス「ぬらりひょん」が立ちはだかる・・・!

「GANTZ:O」に投稿された感想・評価

想像してたより数倍面白かった。
CGなあ…と思いながら観始めましたけど、CGが気になることなく最後まで楽しめました。
むしろCGで良かった!

原作も好きですが、原作とはかなり違っている所はあるものの、絶望感とか切迫感はこの作品の方が上に感じるほどおもしろかった。
最初から最後まで勢いが衰えることなく突き抜けるのであっという間でした。

とにかくおもしろかった。
む

むの感想・評価

3.8
90分ちょいで見やすい。あとおっぱい揺れすぎ。
原作とは少し違うが大筋は同じ。
初めて見る人でも楽しめそう。
原作の中で1番アツいのがこの大阪編(個人的に)だと思う。
敵キャラも魅力的。
これとバイトはこーゆうCGでやる価値あるなと思った。
maikey

maikeyの感想・評価

4.3
「必ず、生きて還る。」

うううおおおおおんもしれえええ!!!!!
中学生の頃からの原作ファンです!!
当時は、まだ鬼星人編突入前でした。
独特な世界観とあの特有の紙の臭いが否が応でも「うわあ、GANTZの臭いだ、、、。」と憂鬱な気分にさせてくれると同時になぜか引きこんでやまない魅力があったのを鮮明に覚えています。
読後は、自分が転送されそうな気がして怯えてました。笑

さて、GANTZの漫画全篇通してのハイライトは、おそらくここ大阪篇でしょう。
物量すごいクリーチャーの数々に、新武器や新キャラなど続々登場しますし、何よりもラスボスがね、、、。

当時、ぬらりひょんの圧倒的な強さの前に、読者ながらに絶望してましたよほんと!!

そんなエピソードを素晴らしいモデリングで再現し、完璧なGANTZワールドを創造、戦闘シーンの描写のかっこよさも文句なし、岡八郎が動くとこんなかっこよかったのか!!という感動、レイカナイスバディすぎるー!!などなど、、、

原作ファンを唸らせる最高の出来栄えでした!!
本当にありがとうございました!!
千手観音篇など、さらなる映像化にも期待!!
Tepi

Tepiの感想・評価

3.5
こういう主人公ってニガテ(´⊙ω⊙`)
もう少し生にしがみついてる人の方が好きだな。人間味あって笑


妖怪では烏天狗が1番好きです。←
2016(26) 4DX2D CGすごい
普通に面白い。映像も綺麗。
mkd

mkdの感想・評価

3.0
CGのクオリティ凄い。TVゲーム観てるみたいだった。ただ途中からお話が一辺倒で飽きてしまった。。
やっぱGANTZって最高
けや

けやの感想・評価

2.8
大阪編好きだし面白かった。CGきれい。
杏はかわいいけど、東京チームにはちょっと魅力が少ないかな。
>|