GANTZ:O(2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    さとうけいいち
    川村泰
    脚本
    黒岩勉
    原作
    奥浩哉
    キャスト
    小野大輔
    市道真央(M・A・O)
    郭智博
    早見沙織
    池田秀一
    ケンドーコバヤシ
    レイザーラモンHG(住谷正樹)
    レイザーラモンRG(出渕誠)
    津嘉山正種
    小野坂昌也
    津田健次郎
    小川輝晃
    吉田尚記
    梶裕貴
    あらすじ
    地下鉄で事件に巻き込まれ、命を落とした高校生の加藤勝。 次の瞬間、加藤はマンションの一室にいた。そこで玄野というリーダーを亡くし 失意の東京チームと出会う。彼らと共に転送された先は、東京ではなく、火の手があがる大阪の街だった。加藤は命がけのサバイバルゲームに挑むこことなる。 曲者揃いの大阪チームとの遭遇。強力な妖怪型の星人軍団=百鬼夜行との戦闘。 シングルマザーでありながら戦いに身を投じていた大阪チーム山咲杏との出会い。 さまざまな事態に翻弄されつつも、加藤はたった一人の家族である弟のもとへ 帰るため、死線を潜り抜けていく。 やがて、加藤らの前に大ボス「ぬらりひょん」が立ちはだかる・・・!

    「GANTZ:O」に投稿された感想・評価

    想像してたより数倍面白かった。
    CGなあ…と思いながら観始めましたけど、CGが気になることなく最後まで楽しめました。
    むしろCGで良かった!

    原作も好きですが、原作とはかなり違っている所はあるものの、絶望感とか切迫感はこの作品の方が上に感じるほどおもしろかった。
    最初から最後まで勢いが衰えることなく突き抜けるのであっという間でした。

    とにかくおもしろかった。
    桑原さんwwwww

    CGのクオリティーの高さにはびっくり。
    でも原作のエッセンスが活かせてない感じは否めない…
    でも、オチは良かった!
    デジタル感が増してからの奥浩哉の絵は、まさにフル3D化するためにあったのだろう。それくらい本作のCGアニメーションの完成度は高い。日本でここまでのものが作れるなんて思いもしなかった。

    原作未読者のためにも奥作品のどエロさ、どグロさを和らげて、設定面の説明も省く事で、「意味不明ながらも戦わなければいけない」という、初期の読者及び登場人物と同様の気持ちで翻弄させる作りとなっているのが非常に好感が持てる。まさにGANTZに飛び込むにはもってこいの、キャッチーながらも大切なエログロ、そして「一番の売り」である絶望感を楽しめる一級エンタメ作品となっている。強いて言うなら、オッパイが凄く揺れるので、揺れてる間の台詞とかは何も頭に入ってこないのが本作最大の弱点だろう。でもあんなに揺れてたら仕方ないというものだ。だってピチピチだもの。

    前後を無視して、大阪編だけを作ることで難しいことを考えずに済むのが非常に良い。これ以前は以前で非常に面白いので原作を読めばいいし、これ以降の部分は読む必要が全く無いので、ハードルは下がりに下がっているのだ。後半の評判の悪さは全国的に周知の事実であるが故に、もはや一周してGANTZは一般層でも入りやすい、ポップな作品と化したのだ。是非、チビ星人の学園大虐殺もフルCGアニメ化して、R指定をつけられて一般層にドン引きされてほしい。

    最初からこれでやってれば…。
    正直公開のときはまた原作が汚される〜っておもっとったけど、これは思った以上やった
    日本も以外とCGすごいんね、アニメーションに限ってやけど、映像は綺麗で本当感動した
    ストーリーめっちゃ変わっとるけど、西くんのウザさと大阪メンバーのクズさがリアルに再現できとって感心。唯一心残りなのはSEX中毒の桑原がおらんやったのが残念。
    映像のリアルさがすごい、髪の揺れ、胸の揺れ、モブの動きとか
    そして血描写、CG難しそうだなぁと思いながら見てた
    90分だからしょうがないけど、置いてかれた感が半端なかった
    GANTZの設定を知らなかったらなんじゃこれ!?ってなります。
    髪の毛のサラサラ感やスーツのテカリ、戦闘がとてもよく出来ていました。
    人気漫画GANTZの中でも盛り上がりのピークと言える大阪編の全編CG映画。

    GANTZ初心者でもとりあえずついて来られるように配慮しつつ、
    GANTZの特徴でもあり灰汁でもあるグロさとかエロさを抑えつつ、
    その世界観とGANTZガンやスーツや他武器やあの部屋を再現してくれた事が嬉しい!
    人間はちょっと違和感あったけどある意味漫画通り☆

    そして何より!妖怪(うちゅうじん)の完成度ですよ〜\\\٩( ᐛ )و///

    まぁ雑魚はどうでもいいんだ!
    大阪の道頓堀を百鬼夜行ばりに暴れまくる妖怪達と、戦闘を楽しむ大阪チーム。それを通天閣(だよね…?)から見下ろす天狗とぬらりひょん!!不気味っ!!
    (喜んでます)

    ・怒りの天狗さん
    何故か登場時から顔が怒ってる!
    そして硬〜〜〜!!
    通常の敵だと瞬殺出来る大砲を何回も耐えるところメッチャ怖かった…!大阪人、距離取って距離〜(><)
    そして天狗さんをやっと倒したところで…

    ・ぬらりひょ〜ん!!登場
    メッチャ怖いがな!不気味やがな(;_;)
    原作でもどうやって倒すんだこいつ感すごかったけど、ひょこひょこ歩きながら登場して斬られても分裂して戻って、天狗の死体見ながら「なんぞ、なんぞこれ〜」って言ってるの、得体の知れない恐ろしさがありました。
    漫画でも怖かったけど動いて喋るぬらりひょんは私の知っているぬらりひょんキャラ中で断トツの怖さでしたよ(;▽;)
    湧き出る女体〜からの、
    女体で出来た女体〜!
    キモこわぁ!
    デカいのにメッチャ俊敏に銃撃を避けるシーン興奮しました。
    この動きおもしろ!
    その後も一体何形態あるんだ?!ってくらい形態変化しまくり。
    やったか?→やってない
    終わったのか?→終わってない
    正にラスボスに相応しい豪華さでした☆最後のミニマム巨神兵みたいなルックスはちょっといただけなかったですが笑

    人間側キャラクターは…、
    2.5次元(アイドルじゃないよw)とも言える映像は、正直人間は綺麗すぎて違和感ありましたw
    レイカがボヨヨンキュッバイン過ぎてだな…笑
    こんな人間おらんで…って感じであんまりエロさを感じませんでした笑
    今回は原作の困った隠れヤンデレちゃんな面は見せず良いお姉さんでした☆

    冒頭でエピソード上不在の玄野も活躍シーンがありましたが、ちょっとイケメンすぎかな…(´∀`;)
    ケイちゃんはかわいい感じが良かってんで〜イケメンキャラじゃないんだよ〜でも男気溢れる一生懸命さと見た目のギャップが醍醐味なんだよ〜。

    厨二病の権化、西くん。かわいいですね(盲目)
    大阪編の主役とも言える加藤君は原作通り美形。
    まっすぐいい奴過ぎるけどな…これはお姉さん達にモテるわな…
    (ていうかこの作品年上お姉さんが年下男に惚れるパターンばかりなんだよねw)
    ちゃっかり高校生と同棲の約束を取り付けるシンママあんずちゃん…w
    メッチャあざとい!ぶりっこ!でも可愛いぞ!

    詳しいキャラ説明を出来るだけ省き、登場人物も減らした事で内容的にはシンプルに戦闘を楽しむ事が出来る作りになっていて良かったと思います!
    原作の方がぬらりひょん強すぎたし師匠不在は残念だったけど、バランス的には英断でしょう♪

    GANTZ実写化は、二宮と松ケンの時点でないないwって感じだったしテレビで観て3分でやめたけど、こういう形で高クオリティで映像化してくれてハッピーな鑑賞タイムでした♡

    ちなみに原作だとおこりんぼう星人編が一番好き…というか記憶に残ってるかな!
    (鬼編とかはグロくてやだった…)
    大阪編の登場人物だと、加藤君より岡八郎に抱かれたいですなw
    (女の子の推しキャラはキックボクシングのお姉さんと貞子でした笑)

    個人的希望として、このスタッフにクレイモア(半妖美女達がバケモノと戦う漫画です)を映像化してほしい!!
    ストーリー端折るために多少改変されてるけどキャラデザから台詞からほぼ原作通り!
    映像がすごい、映像が、すごい
    原作読んで無いと多少置いていかれそう
    大阪編一番好きだし今から読みます。
    >|