GANTZ:Oの作品情報・感想・評価

GANTZ:O2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

3.7

あらすじ

地下鉄で事件に巻き込まれ、命を落とした高校生の加藤勝。 次の瞬間、加藤はマンションの一室にいた。そこで玄野というリーダーを亡くし 失意の東京チームと出会う。彼らと共に転送された先は、東京ではなく、火の手があがる大阪の街だった。加藤は命がけのサバイバルゲームに挑むこことなる。 曲者揃いの大阪チームとの遭遇。強力な妖怪型の星人軍団=百鬼夜行との戦闘。 シングルマザーでありながら戦いに身を投じ…

地下鉄で事件に巻き込まれ、命を落とした高校生の加藤勝。 次の瞬間、加藤はマンションの一室にいた。そこで玄野というリーダーを亡くし 失意の東京チームと出会う。彼らと共に転送された先は、東京ではなく、火の手があがる大阪の街だった。加藤は命がけのサバイバルゲームに挑むこことなる。 曲者揃いの大阪チームとの遭遇。強力な妖怪型の星人軍団=百鬼夜行との戦闘。 シングルマザーでありながら戦いに身を投じていた大阪チーム山咲杏との出会い。 さまざまな事態に翻弄されつつも、加藤はたった一人の家族である弟のもとへ 帰るため、死線を潜り抜けていく。 やがて、加藤らの前に大ボス「ぬらりひょん」が立ちはだかる・・・!

「GANTZ:O」に投稿された感想・評価

想像してたより数倍面白かった。
CGなあ…と思いながら観始めましたけど、CGが気になることなく最後まで楽しめました。
むしろCGで良かった!

原作も好きですが、原作とはかなり違っている所はあるものの、絶望感とか切迫感はこの作品の方が上に感じるほどおもしろかった。
最初から最後まで勢いが衰えることなく突き抜けるのであっという間でした。

とにかくおもしろかった。
映像きれいやった。
2MO

2MOの感想・評価

4.1
グロいということはエロいということ。
エロティシズムを支えるのは肉体の重量感。
重力のもとに生命は宿る。

エロゲー的想像力から、パシリムシンクロ二シティな怪獣プロレスまで。
壮観なるフェティッシュアクション。フェティッシュアート。
YuAriyoshi

YuAriyoshiの感想・評価

3.7
ちょうど1年前公開の映画。
CG凄いわ。やっぱりGANTZおもしろい。
進撃の巨人のアニメもちょうど観終わったところで併せて思うけど、日本人凄いわ。
ikada

ikadaの感想・評価

3.1
父が借りたのを横で鑑賞(笑)
GANTZのマンガは見たことなく
実写は見たことあったのですが
今すぐにでもマンガをみたい!(笑)

CGが凄く、面白かった!
MISAKI

MISAKIの感想・評価

4.3
加藤くん!!!!!

映像として観れたことが嬉しすぎる。

CGがかなりリアル。
テンション上がった!
ラムネ

ラムネの感想・評価

3.9
原作通りで最高に面白かった 絶望感が気持ちいい 最後の終わり方もよかった CGのほうが実写より全然いい
おじいちゃん〜
岡八郎や
childragon

childragonの感想・評価

4.0
漫画原作「ガンツ」の大阪編をフルCG映像化。

◆予告の時から分かってたけど再現度とCGクオリティが素晴らしい。
◆SFとかファンタジーを下手に実写でやるより、こういった形で漫画の映画化をたくさんやってほしいと思う。
◆大阪編だけを切り出して設定とかも説明するから、原作からいろいろ削ぎ落として再構築してるんだね。
◆と思ったらラストは…あ~!そーゆーこと!!と納得。
>|