GANTZ:Oの作品情報・感想・評価

GANTZ:O2016年製作の映画)

上映日:2016年10月14日

製作国:

3.7

あらすじ

地下鉄で事件に巻き込まれ、命を落とした高校生の加藤勝。 次の瞬間、加藤はマンションの一室にいた。そこで玄野というリーダーを亡くし 失意の東京チームと出会う。彼らと共に転送された先は、東京ではなく、火の手があがる大阪の街だった。加藤は命がけのサバイバルゲームに挑むこことなる。 曲者揃いの大阪チームとの遭遇。強力な妖怪型の星人軍団=百鬼夜行との戦闘。 シングルマザーでありながら戦いに身を投じ…

地下鉄で事件に巻き込まれ、命を落とした高校生の加藤勝。 次の瞬間、加藤はマンションの一室にいた。そこで玄野というリーダーを亡くし 失意の東京チームと出会う。彼らと共に転送された先は、東京ではなく、火の手があがる大阪の街だった。加藤は命がけのサバイバルゲームに挑むこことなる。 曲者揃いの大阪チームとの遭遇。強力な妖怪型の星人軍団=百鬼夜行との戦闘。 シングルマザーでありながら戦いに身を投じていた大阪チーム山咲杏との出会い。 さまざまな事態に翻弄されつつも、加藤はたった一人の家族である弟のもとへ 帰るため、死線を潜り抜けていく。 やがて、加藤らの前に大ボス「ぬらりひょん」が立ちはだかる・・・!

「GANTZ:O」に投稿された感想・評価

yap

yapの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

2017.12.12鑑賞。
まさかの玄野死亡から始まるオープニングで一気に引き込まれる。
そして、加藤が初参戦と、オリジナル展開で勝負しようという心意気を感じる。何より、本作が実写映画と比べて優位に立っているのはロケーションだろう。誰もが知っている道頓堀で戦っているというのが燃える!CGの出来も目を見張るものがある。ただ、途中途中、暗転での場面展開で緊張の糸が途切れてしまうことと、加藤がまさかの再挑戦をしているというオチをあまり活かせていない脚本が勿体ない。
なごみ

なごみの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

漫画ちらっと読んだふわふわの記憶で鑑賞。
CGキャラみんなめっちゃ美形。これで再アニメ化希望したい。敵のキャラデザ(ゆらりひょんの変形とか)かっこよかった!!
ほぴの

ほぴのの感想・評価

3.3
実写よりよい
いるか

いるかの感想・評価

3.5
アクションシーン最高
途中でちょいちょい挟みこまれる
人間ドラマはライド感を損なうのでやめてほしい。
戦闘中に悠長に話してんじゃねーよ 
せっかくCG頑張ってるのに本当にもったいない。
くま

くまの感想・評価

3.0
エンタメ作品として、原作未読の人でも読了の人でも、楽しめる作品のように作ってある。アクションの作画もいいし。

ただCGによる完成度もあいまって、映像と音(BGM、声優)との乖離感が若干あった。
なつかし…まぁつっても二年前か。

原作を知らなくても楽しめるけど、正直原作を読んでいる人に向けた映画に感じました。

まずCGのアニメーションは素晴らしかったです。建物とかロボットのデザインとかもリアルでかっこよかったです。
Xガンの音とかも凄く爽快でした。

大阪チームの登場シーンは原作を超えてたし、キャラクターも原作より好きになれた人が多かったです。
色々な要素詰め込みすぎて失敗する作品が多い中、この映画は詰め込む要素をちゃんと絞ってて良かったです。

後半でなんか神の存在がどうたらって会話があったから、沈黙サイレンス的な感じでそこらへんもうちょい興味深くしても、それはそれで面白そう。
みづき

みづきの感想・評価

3.9
CGアニメって違和感あるやろって避けてたけど、全くなかった。むしろアクションもろもろかっこよさが増してた。

GANTZはやっぱりいい。
よくやるよ!ありがとう!
>|