あゆぞう

マルティナの住む街のあゆぞうのレビュー・感想・評価

マルティナの住む街(2011年製作の映画)
4.0
スペインのスラップスティックでハートウォーミングなコメディの良作

やんちゃなキャラクター、下ネタ、小うるさい会話が照れ隠しなのではと思えるほどヒューマニズムに満ちている

原題は「従兄弟」で邦題はいかにもな商業臭がするけれど、語感からするとこちらの方がこの作品の本質に近いのかもしれない(日本のキービジュアルのしっとり感を期待すると肩透かしにあうかもしれない)

とあることがきっかけでマドリッドに住む従兄弟三人は思い出の村に帰ることに

この村で三人が触れ合う人たちとのエピソードが巧みに重なりあってゆく

キャッチーな音楽が物語に寄り添っていてなかなかだと思ったら同様にクオリティ高かった「マーシュランド」と同じスタッフ

映画ネタがいろいろ出てきたり、会話のシーンでかすかに鳥や猫の鳴き声が流れたり、作り手の想いがひしひしと伝わってくる

そしてとにかくマルティナ(インマクエスタ)が超絶可愛い

若い頃のサルマハエックと沢尻エリカのいいところだけを足して2で割った感じ

あふん

(以下ネタバレあり)



ディエゴ、フリアン、ミゲル、結婚式、ドタキャン、アイパッチ、薬、脈拍、酒、オープンカー、人気の無い村、ビデオ屋のバチ、アル中、10年前の初体験、ターザン、祭り、射的、売春宿、バイク、クララ、告白、見守り、19.5cm、夜釣り、ダニ、病気ゲーム、ヨランダ、ステージ、ビデオと同じ曲、as long as you love me、backstreet boys、遊園地、パイレーツ、旗とりゲーム、ダンゴ虫、エスパルテロの馬