たつなみ

イングロリアス・バスターズのたつなみのレビュー・感想・評価

4.5
観たいと思いながらなかなか観られていなかった作品。
ありえない話だけど映画的なカタルシスが味わえてスカッとする。

何気ない会話の裏にある心理的な駆け引きがとても面白い。
独特な緊張感は正にタランティーノ作品という感じ。

ナチの連中を徹底的に悪として描いているので、ヤツらの傲慢さや図々しさに本当に嫌悪感を感じながら観ていた。
特にヒロインに一目惚れするドイツ人のツォラーっていうアイツ!
鬱陶しさ全開でかなりイライラした…(ー ー;)

クリストフ・ヴァルツは狡猾な演技で存在感があって素晴らしい。

イーライ・ロス兄貴も虐殺しまくってて微笑ましいね!(笑)