イングロリアス・バスターズの作品情報・感想・評価

イングロリアス・バスターズ2009年製作の映画)

INGLOURIOUS BASTERDS

製作国:

上映時間:152分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「イングロリアス・バスターズ」に投稿された感想・評価

この方向に進んでいくのはちょい不安を感じる。
UNO

UNOの感想・評価

-
タランティーノ観るたびに思うけど家で酒飲みながらダラダラ観るのにちょうどいい映画だった。

タランティーノはちょっとしたカットの角度とかのデザインセンスが高いと思う。特にテロップのフォントとか出し方がすごい好み。

吹き替えで見たけど小林清志のナレーションと山寺宏一のファッキン罵声が最高でした。
akr

akrの感想・評価

4.5
最初からひきこまれてあっというまに150分過ぎた。
アクション系あんまり観ない人生だったけどタランティーノ監督の作品かたっぱしから観たい🥺
NaPi

NaPiの感想・評価

4.0
面白い。
ナチや戦争をこんな小気味良く描いた作品は初めて見た。
アメリカ側だからだろうか。

冒頭のユダヤを匿う農家とナチのシーン、
地下のバーでの銃撃前後の緊張感には息を呑む。

恐ろしく優秀で残酷なナチを演じた
クリストフ・ヴァルツの演技が秀逸。

ナチの頭を剥がせるバスターズのトップ
ブラピは流石ナチュラルでいて、素敵。

バスターズとは一切関わらないが、
農家で殺されかけるも命からがら逃亡し得た娘、ショシャナのナチへの復讐劇とも併せ
ナチは大量に殺される。

生き残らせた者には、
脱げない印、卍を額に刻み込んだ。
bob

bobの感想・評価

4.3
まじで鳥肌立った。
一人一人のキャラ立ちがすげえいい。
ばろん

ばろんの感想・評価

3.8
タランティーノって沢山のキャラクターをウワッと出して最後集約させるの上手いよね。一種のカタルシス。

冒頭の農家のシーンは緊張感が凄かった。こんな一気に引き込まれる感覚は珍しい。
ざき

ざきの感想・評価

4.2
やっぱりタランティーノが好きです。
痛快、という言葉がこんなに似合う映画は他にないと思う。
クリストフヴァルツの演技も最高によかった。頭の切れる、恐ろしいナチス軍人を小気味よく演じていました。一つ一つの仕草や言葉の選び方が緊張感を高めて、かつコミカルな雰囲気もある凄い役者でした。改めてこの人とタランティーノの相性の良さを感じました
sssssss

sssssssの感想・評価

4.4
登場人物全員のキャラ立ち◎シーン毎の群像劇と思わせる見せ方、ふざけた脚本もまた最高。バスターズがナチの上映会侵入して、バレるシーンとか本当笑える。全員演技鬼。シビれた
とま

とまの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

タランティーノ作品は長いから見るの後でにしようと思うけど見始めたらあっという間に終わってしまう

話はシンプルでわかりやすいがその分途中少し退屈な時があった

思っていた以上にグロくて痛そうだった、、

ユダヤ狩りに家族を殺されたショシャナが自分の映画館を燃やしてまでナチス側に復讐するのはかっこよかった
メラニーは可愛いし
ブラピも只々かっこいい
>|