おくの

素敵な人生のはじめ方のおくののレビュー・感想・評価

素敵な人生のはじめ方(2006年製作の映画)
3.2
「〜な〜の〜方」の邦題は結構考えずに使われていて、今作でも全く内容と原題の意味とかけ離れてるから本当に止めた方が良いと思うけれど、作品は面白かった。

モーガン・フリーマンが演じるのは「彼」という役柄で、観客はモーガン・フリーマンがモーガン・フリーマン(名前は出ないけど)として出ていることを愉しむ。

主演二人の奇妙な距離感がなんとも癖になるし、それがおちょくった様なBGMとマッチして不思議な魅力を感じた。

またパス・ベガ演じるヒロインの一匹狼みたいな感じが個人的に堪らなく好きだった。