YellTao

ゴーン・ベイビー・ゴーンのYellTaoのレビュー・感想・評価

ゴーン・ベイビー・ゴーン(2007年製作の映画)
3.0
子どもが犠牲になることと、子どもを犠牲にすること。

私立探偵パトリックの「環境こそが自分を作ると信じていた」オープニングでのセリフ。
街と住人から焦点を絞るように少女失踪事件へと導かれていく。

ペドフィリア犯罪者以外の、それぞれの子どもへの思いが切なく辛いーー。
そして、答えが出せないラスト。

最近日本でも、書類送検された直後に子どもに手をかけた犯人がいること。
子どもにとっての環境とは。
そこで育つ将来の善し悪しは誰が決めるのか。
社会性の強いミステリーは観終わっても考え込んじゃうので、ちょっと疲れちゃう。