トムトム

アウトレイジのトムトムのレビュー・感想・評価

アウトレイジ(2010年製作の映画)
3.5
実は観ていなかったシリーズです。

「シグルイ」という漫画に少数のサディストと多数のマゾヒストによって封建社会は完成するというセリフがあるのですが正にそれを体現した作品でした。
御恩と奉公によりシマを与えたり取り上げたりとヤクザ社会は封建制度の様です。

上の立場の者は下の者を痛めつけさらに下の者を痛めつけていく。上の者はさらに上の者に媚びへつらいというヤクザ社会を決して僕たちは笑う事はできません。
最近話題の日大アメフト部の事件はまさに今作で描かれているヤクザ社会そのもので日本社会そのものです。
学生の方へは同情が集まっていますが彼らもまた上下関係で縛られています。

イイ顔揃いの役者陣の啖呵を聞いているだけでイイです。
ただやり過ぎと昔の東映実録路線のパロディ的に見えてくるのが難点です。
それが狙いかも知れませんが。