女

プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディングの女のレビュー・感想・評価

3.3
一作目で気になったリリーが更にチャーミングになって登場してくれたり、ジュリーアンドリュースさんの歌が聴けたり(ちょっといきなりでギョッとしたけど)、相変わらず可愛い映画である。


さて、本来深入りするべきところではないかもしれませんが、本作を通して“結婚て何だろか”と考えました。そう、だって私は27歳。女、年末のレビュー。


実はタイムリーなことにわたくし、本日国内最大手の某お見合い会社なるものの、体験を受けてきました爆。
いや、ね。結婚願望はあまりない方だと思うのだけれど、興味本位で話を聞いてみたら、【女の賞味期限】について、イヤという程聞かされまして。男性は相手を選ぶのに最初に年齢を見るんですって。へぇ。70代の男性も20代女を対象にしている現実…まじか。

そして私ももうすぐ終わるであろう食べ頃(もう過ぎている気もするけど)。アドバイザーとかいう方に「さぁ、早く入会してチャンスをつくらないと!今日の輝きは(老いと共に)明日にはないのよ!」と言われましてん。


でもさ、なんか寂しいなぁ。
私はさ、魅力が年輪みたく重なって、10年後20年後にはもっと素敵な自分になれると信じたいからさぁ。まぁね、妊孕力含めて、子どもが欲しい女性陣にタイムリミットが存在していることもよーく分かっています。分かってるけど!


もう、保留。すごく入会をゴリ押しされたけど、今年わずか数日で決めることではない。
あーぁ。いい加減、映画みたいな出会いを夢見ちゃダメだって思うけど、「間違うなら自分らしい間違いをなさい」って、この作品の王女も言ってくれたし、もう少し正しく間違うために悩もうっと。


あ、この作品の男性陣:ニコラスもアンドリューも、どちらも素敵よ。