Haman

アングスト/不安のHamanのレビュー・感想・評価

アングスト/不安(1983年製作の映画)
4.8
これはギャスパー・ノエが60回以上観てるだのワーワー騒ぐのも影響を受けまくってるのも分かる。完全に傑作。
刑務所から出所した異常者Kの話。監視カメラ的な角度で動きながら追い続けるカメラとKの身体にまとわりつく様に映すカメラ。
実際の殺人事件を基にしてるのもあるけど、割れるガラスが本物だったり血糊で豚の血を使っていたり、とんでもないくらいの実録感。本国では一週間で上映打ち切りとなり各国で上映禁止になったらしい。

統合失調症のKの独白によって犯行動機は一から百まで説明してくれるのだけど、ほとんど何を言ってるかマジで理解できない。そこに山があったから、くらいな理由の衝動的殺人を理路整然と説明され、何度も「完璧な計画だ」と締めくくられることに震えながら、強迫観念からくるKの焦燥感を一緒に体感することで支離滅裂なその思考にいつの間にか呑み込まれる。
三毛別羆事件の殺人熊に独白させたらこんな感じなんじゃないかな。人間じゃない、同じ人間とは思いたくないものの精神に触れてしまった感覚。完璧にホラーしてる。
しかもこんなにも凄惨な映像の中でダックスフンドを異様なまでに可愛く撮れてるから最強だろ。
率直に『異常』って言葉がよく似合う映画。