イグジット・スルー・ザ・ギフトショップの作品情報・感想・評価

「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」に投稿された感想・評価

nnm

nnmの感想・評価

4.3
Banksyの自主映画。ユーモアに溢れていて面白かった!
たんの

たんのの感想・評価

4.0
ワクワクするし、出来上がった作品を見るのも楽しい(画集を買うか悩んだ)。皮肉もきいてて面白かった記憶。
hi1oaki

hi1oakiの感想・評価

4.1
“嘘から出たまこと”という言葉を実写映画化したものと捉えるのが一番しっくりくる。
まぁ普通に考えれば映像を撮り貯めるティエリー・グエッタという男っていうとこまでは真実で、2008年の『ライフ・イズ・ビューティフル』の展示から始まるバンクシーの悪ふざけでしょって思うよね。中身の無い虚構のアーティストを売り出してみようぜ…そうしたら社会はどんな反応するのかなっていう、ドキュメンタリー映画に見せかけたアート業界とそれを取り巻く人達への皮肉(=アート)。元々のタイトルは『バカにクソを売りつける方法』だったって話だし。どこからがバンクシーの演出なのか考えるだけでも楽しい。
それを真に受けたのか日本ではお台場で『ミスター・ブレインウォッシュ展』とかやってたり、彼の絵が高額で売買されてたりするわけですよね。
今まで漠然と知っていたシェパード・フェアリーとかインベーダー等のストリートアーティスト達のことを俯瞰できるドキュメンタリーとしても面白かった。
三重野

三重野の感想・評価

4.0
元気が出る映画。呆れるバンクシーが笑えた。
Aircon

Airconの感想・評価

3.9
グラフィティアーティストたちの映像を撮っていた人が、
そのときに得た人脈を使ってアーティストとして大成功してしまうという皮肉が効いた内容。

バンクシーが彼が作ってきた映像を観てドン引きしてるのとか、
適当にペンキたらしたり、既存の作品をリファレンスしてるだけだったり、
どうしようもない描写とは裏腹に、
上手な宣伝で大物アーティストに成り上がってしまう。

元々、「クソのような作品をバカに売りつける方法」ってタイトルにするつもりだったみたいだし、
あんなのが絶賛されてるって状況を複雑な心境で観るという、
大衆に対する悲しみとか諦めみたいな。。。

でも映画の意図通りにミスター・ブレインウォッシュのことを完全にFAKEだとするのもちょっと癪な感じもする。
まあ映画に出てた彼の作品は一個も良いとは思わなかったけど。
なにも考えてなくても良いアートは生まれると思うから。

彼の人柄もあってバンクシーたちも協力してしまったんだし、
場当たり的ではあってもビジネスとしては完全に正解だし、
そこで、観てる人たちやバンクシーのアートの定義とか線引きが見えてくるんだと思う。

アートとビジネスの切っても切れない関係というか、
いくら良い画を書いていても宣伝をしないと売れないわけだけど、
クソな作品でも宣伝すれば売れるという。

大衆を扇動することは政治でもビジネスでも重要なことだけど、
クソのような作品を宣伝で売りつけることは、
長期的にはアートを殺すことになるのか、生かすことになるのか。

AKBの売り方とか思い出した。(AKBがクソだとは思ってない)
生のストリートアートを見に生きたい。面白かった。
音楽かっこいい
後半のおちが面白い
バンクシーの好感度だだ上がり
バンクシーって話してると意外とまともな人感がすごくてそれが一番笑える。
>|