スパイナル・タップの作品情報・感想・評価

「スパイナル・タップ」に投稿された感想・評価

Atsushi

Atsushiの感想・評価

4.5
インタビューシーンの絶妙に要領を得ない受け答えっぷりがとても良かった。人に勧められて見たけど、勧めてくれた人に酒を一杯奢りたくなるような映画だった。
nananna

nanannaの感想・評価

4.7
大好き‼️
ちかミ

ちかミの感想・評価

4.0
カルト映画として名高い「スパイナル・タップ」を初見。70年代後半のグラム~メタル直前を思い起こす架空バンドのモキュメンタリーでした。監督は「スタンド・バイ・ミー」「恋人たちの予感」で知られるロブ・ライナー。

メンバーのインタビューはほぼアドリブで、意味ありげに見せて実はデタラメ。ツアー中にバンドが解散とか、メンバーの彼女がしゃしゃりでて気まずくなるとか、バンドあるあるが面白く、中でもストーンヘンジの下りは爆笑。日本でナゾ人気が出るのは、まるでANVIL。

ミュージシャンからのウケは抜群らしく、意味ありげで無意味なバンドを指して「まるでスパイナル・タップみたいだな」と呼ぶらしいです。
ii

iiの感想・評価

4.5
いろんなオマージュが、アドリブの光る会話が虚構のリアルさを加速させる。すごい面白かった
伝説のロキュメンタリーをやっと観た。なんだこの愛らしさは!節操なく、でも真剣に、純粋なロックンロール・バンド”スパイナル・タップ”の栄光と転落と復活。特にクリストファー・ゲストとマイケル・マッキーン演じるフロントマン2人、ナイジェルとディヴィッドの愛すべきキャラクターから目が離せない。演技も音楽も演奏もすごい完成度、すごい純度だ。
殊更ドラマティックに盛り上げたり、ギャグで笑いを取ろうとしてみせない、この淡々としたツアーの日常記録ぶり。そこには多くのロックバンドあるあるネタが綿密に盛り込まれているものの、自虐でもなく、あくまで平熱で自然。だからこその可笑しみ、デッドパンのナンセンスな笑いはまるで英国流のようで英国映画を観てる気になったけど、ロブ・ライナー監督(出演)のアメリカ映画だからまたすごい徹底ぶり。コメディセンスは時代によって変わるけれど、古びないどころかむしろ現代の感覚に合うと思うし、ハードロック・バンドが好きじゃなくても伝わる。やがて、如何にも本物らしい架空のバンドが本物以上に本物となり、「たぶんこんなバンドあるある」が「このバンドがあってほしい!」になってしまうのだ。目盛11まで付いたアンプ最高。
めっちゃ面白い。みんな観て!!!
アホの極み。
upq

upqの感想・評価

3.7
始終ニヤニヤしっぱなし
友だちに話したくなる
最高、素晴らしい、ミラクル。
りんご

りんごの感想・評価

4.0
心底変わったモキュメンタリーww
変にリアルすぎて何度かフィクションであることを忘れて真面目に見てしまったし、その分見終わった後のじわりが止まらない。

ドラマーの死、メンバーの女でバンド崩壊など「バンドあるある」を全力で、そして過剰に演じた役者とロブライナー監督に拍手👏👏
ナイジェル好きだな〜来日ライブして欲しいレベル
>|