スパイナル・タップの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

スパイナル・タップ1984年製作の映画)

THIS IS SPINAL TAP

上映日:2018年06月16日

製作国:

上映時間:82分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マ…

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マーティ・ディ・ベルギーは、ツアーに密着を決意。映し出されるのは、結成秘話からメンバーたちの苦悩、歴代ドラマーの怪死、トラブルから感動のステージまで、次々と明かされるファン必見のエピソードの数々。伝説のロック・ドキュメンタリー『スパイナル・タップ』がここに誕生する――!!

「スパイナル・タップ」に投稿された感想・評価

rhum

rhumの感想・評価

4.2
ロックがまだ無邪気だった頃の”ロックバンドあるある”映画。野暮を承知で言えば「どれだけnaiveでいられるか?」がロックバンドの肝だと思ってるので、その点でこの作品は正しくロックバンドを映してる気がするぜ…なんて小難しい事を考える暇は終始爆笑してたため無かった。しかし「KOBE HALL Tokyo, Japan」って…どこよ?
tsukao

tsukaoの感想・評価

3.8
コメディー映画と思わせるくらい面白いドキュメンタリー映画 だった。
NF

NFの感想・評価

3.5
全体的におバカな感じだが、妙に現実的な部分もあって、笑いつつもノスタルジーとほんの少し考えてしまうところがあり

演奏シーンはもう少し観たかった
「スタンド・バイ・ミー」ロブ・ライナー監督、1984年のデビュー作。架空のロックバンド「スパイナル・タップ」の全米ツアーに密着した"モキュメンタリー映画"で、このジャンルの草分け的名作として知られてる一本なんだそうです。なぜか今ごろ日本初公開。(^^;

予想を超える面白さでした。もっと緩いパロディー的な笑いかと思ってたけど、マジボケの破壊力がありましたね。役を演じるのではなく、「成りきる」ことで生まれるリアルな笑いや感動が、たくさん詰まってたと思います。やっぱアメリカ人はこういうの作らせたら巧いなー。
猫次郎

猫次郎の感想・評価

3.3
何にも考えずに楽しめる。
架空バンドのツアー。
架空バンドなのに、ドキュメンタリー映画。
トラブルが多いライブシーンが愉快。
このバンドの曲が好きかといえば???
Akari

Akariの感想・評価

3.5
84年に公開された映画が日本でやっと!今年上映できることに!
監督はスタンドバイミーでおなじみのロブライナー!そしてこれが彼のデビュー作だなんて😂
架空バンドのドキュメンタリ〜。メンバーがまじめにギャグ言ったり笑えた。みんなばかすぎでサイコー😂ストーンヘンジが…
きき

ききの感想・評価

3.3
Japan, Tokyo KOBEHALL は笑ったし、ドラムが不慮の事故に遭いすぎ!
クズばっかりで最高だった
映画館でみるべき映画!
hirotechno

hirotechnoの感想・評価

3.8
刈谷日劇で『スパイナル・タップ』
を観賞!架空バンドのドキュメンタリー風映画というアイデアは面白いし、バンドメンバーが個性的でなおかつキャラクターとして立っている。そして刈谷日劇名物?大音量パワフル上映で演奏シーンが迫力がありとても楽しかった。

監督がロブ・ライナーだったとは驚いた!でも2作目が佳作『シュア・シング』だからちと納得する。
しかしなんと振り幅の広い監督なんだろう!その後『スタンド・バイ・ミー』と『ミザリー』だからね〜
ぬげこ

ぬげこの感想・評価

3.3

このところヘビーな内容ばかりの映画が多かったので頭カラッポで見られるものが
観たい!と思ったらこれです!
ありがとうございます。新文芸坐さん。

何だろう安心する。くだらなすぎて、だんだんなんだか好きになってくる。居そうだけど、ここまで180°音楽性変わっちゃうどころかドラマー爆発しちゃうバンドは多分いないけど、どこかで聴いた事のあるような無いようなキャッチーな楽曲の数々。

Apple Music にサントラがあったのですが、それすら面白い。

ビッグボトム とストーヘンジが好きです。
幸村

幸村の感想・評価

3.9
クソワロタ(死語)

なんでいきなりこんな古の言葉を使ったかというと、この映画、30年以上前の作品なのだ!
正直見てる間は全然気付かなった…。全然古臭くなかったし、アルバムのジャケット写真をめぐる「これセクハラやん」→「ちょっとしたジョークやん」っていう会話なんかは凄い今っぽいなあと思ったんだけど。

映画の内容は、あの!伝説のロックバンド『スパイナル・タップ』の全米ツアーに密着したドキュメンタリー…という体のモキュメンタリーで、かつパンクバンドの過剰なパフォーマンス等をパロッたコメディなんだけど、変に笑いを取りにいくよりも、真面目にバカをやってる奴らが一番面白いというのをきっちり分かって作っている辺りが流石。
笑ってしまう場面がたくさんありつつも、メンバーの音楽に対する愛情は本物で、思わずじんとくる場面も。

スパイナル・タップの歌も、歌詞は「俺の鍬でお前のあそこを耕してやるぜ」みたいなしょーもない内容なんだけど、曲は凄くいいのがgood!