スパイナル・タップの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

スパイナル・タップ1984年製作の映画)

THIS IS SPINAL TAP

上映日:2018年06月16日

製作国:

上映時間:82分

ジャンル:

あらすじ

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マ…

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マーティ・ディ・ベルギーは、ツアーに密着を決意。映し出されるのは、結成秘話からメンバーたちの苦悩、歴代ドラマーの怪死、トラブルから感動のステージまで、次々と明かされるファン必見のエピソードの数々。伝説のロック・ドキュメンタリー『スパイナル・タップ』がここに誕生する――!!

「スパイナル・タップ」に投稿された感想・評価

yh

yhの感想・評価

3.4
ちょいちょい面白かったけど、どうせ架空なんだからもっとぶっ飛んだ内容にしてほしかった。
架空バンドでリアルなドキュメンタリー感出されてもって感じ。
80年代のHR/HM好きだけどちょっと退屈した。
架空のバンドに密着した、モキュメンタリー。

有名バンドあるあるを茶化したような姿勢が素敵。ドラムがよく死んだり、以前は時流に合わせた歌を作ってたり。付き合ってる人がバンドに口出しをして、メンバーがギクシャクしたりと盛りだくさん。

楽曲のクオリティは高くあの時代のかっこいいけど、ちょっとダサい感じは当時からあったのだな、、と改めてわかる。

インタビューしてる時のメンバーの発言が結局何をいってるのかよくわからない、あの感じが最高でした。
R

Rの感想・評価

4.4
架空のイギリス出身へービーメタルバンド、スパイナルタップがアメリカをツアーで廻るのを追ったフェイクドキュメンタリー。冒頭に出てきてこれは、ロキュメンタリーだ!って宣言してるのが、本作の監督のロブライナー!ってエンドクレジットで知りました笑 コメディ映画てのを知らなくて、ふつうに真面目な映画と思って見始めたら、そのギャップに大爆笑! サイコー!!! メンバーたちのバカっぷりが面白すぎる! ヘビメタ系の男たちって、大体みんなちょっとガキっぽくてバカっぽいところがありつつ、それが全体のカッコいいオーラのなかで、さらなる魅力になってる面が多分にあると思うんやけど、スパイナルタップは完全に間抜けキャラになってしまってる…けど、狙いすぎてあざといところまではいってない、絶妙な頭の悪さが最高に笑える! で、新譜がアメリカでめちゃめちゃ売れてコマーシャル的にも成功することを確信してる彼らが、まったくそうならない状況に直面させられていく様が、可笑しくも哀しく展開。サイン会は閑古鳥、ライブ会場もどんどんサイズダウンしていって、最終とんでもない会場でプレイ…あちゃー。しかも、またライブしてる様子がめちゃめちゃ可笑しくて、バカバカしいセックスの歌ばっかプレイして、それがめちゃめちゃクールだと思い込んでる姿のあほボーイズ感! あと、ライブ中ステージのセットがまったくうまく機能してないふたつのシーンはマジ大爆笑! ただでさえ問題が山積みなところに、ボーカルのデイヴィッドの彼女が彼らに合流して来て、ごちゃごちゃ口をはさみ始めるもんだからますますややこしいことに。ギターのナイジェルは明らかにデイヴィッドと彼女との関係に嫉妬してて、不機嫌になってるし、ツアーのマネージャーもイベントスタッフもテキトー過ぎやし、もー笑いに次ぐ笑い。最後の方になると、この実際には存在していないスパイナルタップというバンドに愛おしさを感じている自分を発見する。これでファンになった人もおるやろなーと思って調べてみたら、やっぱり本作の後、カルト的な人気を博したらしいです。最後の最後には、誇らかに思う人もいれば、苦笑してしまう人もいるであろうエンディングが待っている! ってか、これ、どっからどう見ても、本物ドキュメンタリー、アンヴィルを思い出さずにはいられないよね。かなりおんなじと言えるやん笑 いやー、もういろいろ最高でした。すぐもう一回見たくなるくらい魅力的で真剣なバカ映画! 楽しかった!
ゆみこ

ゆみこの感想・評価

3.8
ロックのモキュメンタリー、略してロキュメンタリー。
私はそのことを知っていてこの作品を鑑賞したが、それを知らずに観ていたら実在のバンドであると勘違いしてしまうだろうなー、というくらい絶妙なバランスで80年代のロックあるあるを埋め込み、表現している。

笑える場面がわんさかあるし無駄に曲がかっこいい。
また、大部分がキャストのアドリブというのも観ていて楽しい。
とにかくその発想の斬新さと、展開の行方の期待にわくわくした。好きだなあ。みんなに観て欲しい。
試写でとがんばって大きな音にしてくれてたと思うけど、やっぱスクリーンで見たい。
雪

雪の感想・評価

3.0
何も知らないで見ると、実在するバンドだと思ってしまいそう。
くだらないことで、真面目にモメてて笑える。
トマト

トマトの感想・評価

3.0
「墓碑銘に何か刻むとしたら?」
「D.ハビンズ此処に眠って…何が悪い」

架空のUKバンド〔スパイナル・タップ〕の偽の密着ドキュメンタリー風作品。(あえてモキュメンタリーとは言わない)

架空のバンドながら、メンバー一人一人にちゃんとした設定があるところに監督のこだわり(悪ふざけ)を感じる。

ライブ中、ベーシストがカプセルから出てこられなかったり、舞台セットの発注ミスでちっちゃいストーンヘンジになったり、メンバーらが楽屋からステージまでの間に迷子になったりする様子が面白い。

最後は、スパイナル・タップの「愛の農園」が、なんと日本でチャートイン!日本ツアーのステージでギターのナイジェルが、ジャイアンツのユニフォームを着ている!背番号1王貞治!時代やなぁ。
1234

1234の感想・評価

4.2
架空のバンドの架空のドキュメンタリー
いま観ると明らかに古いのでわかんない人も多いだろうけど、わかるとたのしい とにかく細部を詰めてる マネージャーがツボ バンドクラッシャーほんとにアレだな
kunico

kunicoの感想・評価

3.2
架空おバカバンドのドキュメンタリー、いや、ロックメンタリー。

ストーンヘンジの小ささや舞台装置から脱出不可など、当の本人たちが大真面目にもめてる中あまりのバカバカしさに笑う。

ギタリストの彼女がしゃしゃってマネージャー役を買って出た瞬間迷走を極めるバンド、既視感バシバシ。
グラムロックのフェイクドキュメント最高!爆笑しながら見れます。