スパイナル・タップの作品情報・感想・評価・動画配信 - 34ページ目

「スパイナル・タップ」に投稿された感想・評価

4423

4423の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

マイケル・マッキーン目当て。とにかくマッキーンさんが若くてむちゃくちゃイケメンなので彼のファンは必見。ドラマーだけが謎の変死を遂げ続けるバンドというだけでもうなんか凄まじい破壊力がある。現ドラマーはいつ死ぬんだ?と思っていたら最後の日本公演ではやっぱり死んでおった。こういう小ネタがぴりりと効いていて、最後まで楽しめた。
EriIto

EriItoの感想・評価

-
しょうもなさすぎて笑った。

ロックミュージシャンの紙一重感が余計わらえる。
よくも悪くもすごく80年代的なコメディ。
オンタイムで観たら笑えたかもしれないが、今観ると微妙。

ジョン・ボーナムやキース・ムーン、オノ・ヨーコのパロディは面白いっちゃあ面白いが、こすられすぎて古くさい。まあそれもしょうがない。なにせ30年前の作品だし。

個人的には「マーシャルアンプ」のくだり(“UP TO ELEVEN”)がツボ。

DVD(7/4/2015)
途中から突然馬場かしくなって逆に面白かった!
近からず遠からずこんな感じなんかな?
しかし、ドラマー死にすぎ(笑)

このあと『スタンド・バイ・ミー』作った監督だなんて…。
面白かった!!
架空の英国ハードロックバンドSPINAL TAPの全米ツアーを追った偽ドキュメンタリー。

リアリティのある絶妙な小ネタが冴え渡っており、次々に巻き起こる"バンドあるある"がめちゃめちゃ楽しい!
ウィットに富んだバンド・パロディを、大真面目に追求するみんなの熱量が半端ないです。

モキュメンタリーの火付け役にもなった本作は、コメディ映画100選やロック映画投票で堂々の一位に輝いたこともあるそうで、でもそれはちょっと言い過ぎな気がしないでも…。

ちなみにこのおバカ作品で初監督を務めたロブ・ライナーは、次の監督作で早々に世紀の名作「スタンドバイミー」を生み出しちゃうことになるのです。
GinziStars

GinziStarsの感想・評価

2.3
音楽映画シリーズ第7弾。

勝手にシリーズ化してるが、1番つまらなかった…他の方の評価は結構高いのだが?

まぁ好みの問題か。
ysak

ysakの感想・評価

3.8
当時、このややこしい?作品をどう売ろうとしたかがとても気になる。パロディー売りとかだとやだな。
meehoo

meehooの感想・評価

4.5
真剣である事がいかに滑稽かを、この映画を通じて初めて認識しました。私にとってはとても重要な映画です。字幕がリニューアルされたらDVD買います。
何気に曲がよくてAmazonでサントラ探したらジャケが真っ黒で笑った。洋版グループ魂。@DVD
モキュメンタリーという珍しいジャンルで発想はかなり面白いですね。ロックバンドもそれぽっいし、段々と嘘か本当か判らなくなってきます。 特に大きなストーリーがあるわけでもないので、コンセプトと心意気を楽しむ映画ですね(*゚ェ゚*)