スパイナル・タップの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

スパイナル・タップ1984年製作の映画)

THIS IS SPINAL TAP

上映日:2018年06月16日

製作国:

上映時間:82分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マ…

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マーティ・ディ・ベルギーは、ツアーに密着を決意。映し出されるのは、結成秘話からメンバーたちの苦悩、歴代ドラマーの怪死、トラブルから感動のステージまで、次々と明かされるファン必見のエピソードの数々。伝説のロック・ドキュメンタリー『スパイナル・タップ』がここに誕生する――!!

「スパイナル・タップ」に投稿された感想・評価

実際に存在しているかのような架空のバンドのドキュメンタリー。大真面目に物事を進めているのに、笑える結果になってしまうのが愛おしい。
心が弱った時用の映画としてストックしておきたい。とにかく笑えます。
前解説聞いてから観戦 笑。
リアルでまるでドキュメンタリー
後解説も聞いて なるほどー!な笑い満載。
この世界を詳しくしらなくても感覚で観ても面白さ味わえますが
基本、昔観ていて、な方が楽しみにしていてめちゃくちゃ楽しい!うれしい!ってなる映画。
お初でもすごく楽しめた。
maichan

maichanの感想・評価

-
アメリカのコメディ映画オールタイムベストとかに必ず上位にくる映画ですが、初めて観ました。
有名なギャグの数々、アンプの目盛り11、ストーンヘンジ、楽屋からステージまで迷子、などが見られて感動しました!
曲がどれもカッコいいのに歌詞が最低でヒドい。
そんなにギャグ一辺倒ではなくて、落ち目のロックバンドが内部崩壊して行く様を結構真面目に映し出しているので、架空のバンドに思えない実在感がありました。
最後はグッときますしね。すっかりファンになってしまいます。
ロブ・ライナーが監督?
スタンドバイミーの前の初期?
監督初作品だって?

よくこんなの作ったよね。
映画の中ではRockのドキュメンタリーでロキュメンタリーって名乗ってたけど〜
今の世にラベルを貼るなら
モキュメンタリー
なんだっけ?

このバンドの歌うエロ歌詞に (*^^)v
繰り広げるステージ
その、ドサ回り感、場末感、
ラストの日本ツアーのコーベホールて何処なんだ?!
(^_^)b
kanozo

kanozoの感想・評価

4.2
あぁ、愛すべきお馬鹿なバンドマン達。
きっと100年たっても変わらない…と思ったらすでに30年たってるの???
uuu

uuuの感想・評価

-
真っ暗なジャケとか音量のしぼりが11まであるとかの小ネタはワロタ。

ただモキュメンタリーするにも盛り上がりに欠ける気がする。ロックの勉強してから再見したい
mmgo

mmgoの感想・評価

3.0
モキュメンタリーという構造を使い、真面目風を装って盛大にふざけている。
クリストファー・ゲスト演じるギタリストの演奏中の顔、マジ顔なんだか変顔なんだか。ゴッドタンの「マジ歌」見てるみたいだ。牛乳含んでたら20回は吹いてる。
当方、ロックに関しては門外漢。それでも十分楽しめた。
とりあえず分かったロックのトリビア

・基本バカ
・ドラマーは変死する
・メンバーの女が絡むとろくなことはない
・欧米で廃れても日本では人気
・大概バカ
最後までニヤニヤし通しでした。バンドあるあるネタに加えてキャストの小芝居や歌詞、セリフにも笑える要素満載。真面目に作られたオモシロロキュメンタリー。
初見。『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』のほうが面白かった……て、あのドキュメンタリーを作った人達、構成、編集から見せ方まで演出全部の元ネタ映画にしか思えないよ、これ!まさか、このモキュメンタリ―どおりに作って成功するドキュメンタリー映画ができるとは思わなかったろうなー、ロブ・ライナー。オチの「日本」まで一緒なのに唖然。
Busceo

Busceoの感想・評価

3.9
メタルを聴き始めた頃に色んなところで「メタルファン必見」と書かれていたので高校生んときにレンタルで借りて観たんだけど、そんときは「面白い…のかな…よくわからんけど面白いんだろう…とりあえず好きだって言っておけば間違いないはずだ…よくわからんけど…」て感じでした。あれから30年、歳をとって今どう感じるのか気になって武蔵野館で観ました。

いやこれちゃんとおもろいじゃん!モキュメンタリーの温度が適温というか、ネタどーん!笑え!ていう押し付けがましさが薄くてシニカルなおかしみの積み重ねというか。あるあるネタの折り込み方とか音楽を含めてのバカっぽさも非常に心地よい。

ロックミュージック及びロックビジネスへの滑稽さに対するメタで批評的な視点てのはこの映画で完成・完結してると思うんだけど、公開がゼロ年代でも90年代でもなく1984年てのもすごいよね。この映画もそれまでの「あるある」を散りばめているけど、この映画のあとも現実がこの映画に寄せていってるようなことばかりで。

あとこれみんな知ってたのかもしれないけどポール・ショーティノ出てんのね。ちょっと腰が浮きました。