スパイナル・タップの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

スパイナル・タップ1984年製作の映画)

THIS IS SPINAL TAP

上映日:2018年06月16日

製作国:

上映時間:82分

ジャンル:

あらすじ

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マ…

「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン、…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マーティ・ディ・ベルギーは、ツアーに密着を決意。映し出されるのは、結成秘話からメンバーたちの苦悩、歴代ドラマーの怪死、トラブルから感動のステージまで、次々と明かされるファン必見のエピソードの数々。伝説のロック・ドキュメンタリー『スパイナル・タップ』がここに誕生する――!!

「スパイナル・タップ」に投稿された感想・評価

supernova

supernovaの感想・評価

3.5
いつか観なければと思いながらも長年見過ごしてきた作品。ようやく観ました。ロック好きには単純に面白い作品でした。ロックファンにはお馴染みの、元ネタが散らばってそうなエピソードの数々。ツアーの先々で起こる諸問題、メンバー間の諍いなど、「あるある」が妙にリアルで笑えます。30年以上前の作品なんだけど、今の方が全てを笑って観てられる感じがします。ロキュメンタリーと言ってますがロック・コメディって言ったほうが分かりやすいかも。楽曲も笑えるんだけど妙にちゃんと作ってあって、そこが今も観てられる要因にもなってます。過去の映像のサイケデリック・ロック時代とかがものすごく「らしく」作ってあってニヤニヤが止まりませんでした。ずっとロックを愛している人ほど楽しめる1本です。
まさ

まさの感想・評価

4.0
”俺達の音楽に対する女の子達の反応だが、彼女達本当に怖がるんだ。これは俺の仮説だけど、ステージで俺達、タイトパンツだから股間の大物が目に入って、大きさに驚いて逃げるんだ”

イギリスの架空のヘヴィメタルバンド「スパイナル・タップ」を描いたモキュメンタリー!!!

まず、一言言わせてください。

ロブ・ライナー監督あなたは天才!!

ロック魂を刺激する作品を作ってくれて本当にありがとう!

まず、スパイナル・タップの曲自体すごくいい。何回聴いても飽きないし、歌詞の下品さは忘れられません!また、時代と共に音楽性がかなり変化しているのがリアルだと思った。バンドはレッド・ツェッペリンやジューダス・プリースト、エアロ・スミスあたりから影響を受けている。ファンの人はイメージしやすいかな?

また、コンサートの裏側で様々なトラブルが起こる件。セットの発注ミスや、ホテルの予約でのトラブル、コンサートのキャンセルなど、かなりリアルな上に笑えます!

あと、様々なパロディが織り交ぜられており、ロック好きはニヤリとするはず!例えば、バンドのドラマーが次々と事故で死んでしまう件。初代ドラマーの死因「園芸中の奇妙な事故」はザ・フーのキース・ムーンだし、二代目の「他人の吐物が咽に詰まって死亡」はレッド・ツェッペリンのジョン・ボーナムのパロディですね。他にも真っ黒のアルバムジャケットとか(笑)

アドリブ満載の超笑えるモキュメンタリーコメディになってますので、是非ロックが大好きだ!って人には観て頂きたいです!

ちなみに、スパイナル・タップのメンバーの1人を演じたクリストファー・ゲストは、現在監督もしており、「ドッグ・ショウ」や「みんなのうた」など、良作を作っているのでそちらも併せてオススメですよ(^ ^)
reif

reifの感想・評価

1.9
ロキュメンタリーと称して、UK ハードロックバンドの米国ツアーを撮るドキュメンタリー体裁のパロディ。ふざけすぎ&音楽なんかこんなもんだろという態度が受けつけなかった…。わざと陳腐化させても笑えない。ツアーがどんどんキャンセルされてバンドが落ちぶれていくのも、予算がなくライブシーンが撮れないからじゃね? 無能なマネジャーを追い出す、リーダーのスピリチュアル系の彼女! No.2 との確執! ステロタイプ!
ペイン

ペインの感想・評価

1.0
くだらなくて観てるのが馬鹿馬鹿しくなってしまった。

ドキュメンタリーならまだしもモキュメンタリーだから尚のこと。

日本でもこの作品のファンだと公言しているミュージシャンがいるらしいがさっぱり理解できず。

この作品の後、ロブ・ライナー監督はあの「スタンドバイミー」を撮ったとは思えないほど馬鹿馬鹿しい映画。
架空のハードロックバンドを、あたかも存在しているかのようにリアルに描いたドキュメンタリー風コメディ『スパイナル・タップ』。ロック好きにはたまらないそのシュールな内容と、唯一無二の設定が特徴の変わり種作品。

色んなロックバンドへのオマージュが見て取れましたが、とにかくツアー中にどんどん路線が崩れていくという流れなので、びっくりするくらい路線バラバラ(笑)。
『Big Bottom』『Sex Farm』のド直球な感じはツェッペリンとか、同じくイギリス出身のヘヴィメタルバンド、ジューダスプリーストのコテコテな感じがありつつも、『Stone henge』みたいに突然宗教的?精神的?観念を語り出すところはピンク・フロイドやブラック・サバスを彷彿とさせるし...本当によくここまて再現してるなと終始釘付けでした。こまか!(笑)

インタビューが8割何言ってるか意味わからない感じとか、バンドメンバーがすぐ喧嘩して辞めて復帰しての繰り返しだったりとか、コンサートの裏側で機材搬入のミスとか発注ミスが多発したりとか、もう一つ一つの事象が本当のバンドさながら。調べたら向こうでは「スパイナル・タップよりひどい」みたいな表現は、ロックバンドへの最大のディスりらしい。
カメラワークが完全にドキュメンタリーの手法だけど、実際出てるのは役者さんだから妙に演技?というか感情表現がリアルで最後はじーんとしちゃった!フツーにいい話です!(笑)

一つ一つの細かい描写はもちろんのこと、スパイナル・タップのダサさとカリスマ性の紙一重な部分を決してバカにするだけのコメディじゃなく、ちゃんとロックへの敬意みたいなものをオチで感じたので、きっとロブ・ライナーはじめスタッフ一同ロックが死ぬほどお好きなんだろうなと。
でなきゃそもそもこんなパロディやらないだろうし!彼らのロック愛こそ、本作は名作として今も燦然と輝いてる所以だと思います。しかも演奏はキャストが実際にやってるので、本当にこの作品以降バンド活動してたらしい、スゴイ。

爆笑というよりは、ロック好きがお酒を飲みながらニヤニヤするための映画。個人的にはツボでしたが、あまりロックに興味ない人は厳しいかも...。
でも何より特筆すべきはこれが最近作られたものってことではなく、本当にロック全盛期の時代80'sに作られてること!!だからこそこの再現度が際立つ!!多くのロックスターも鑑賞したんだろうなあ。
ロブ・ライナー、しれっとインタビューアー役で出てますが本当に天才だと思います。キャストもほぼアドリブらしいけどよく笑わずにできるな...。イレブンのくだりとか、ストーンヘンジのくだり最高!!

さーて、サントラ聴き込もっと!(笑)
橋素電

橋素電の感想・評価

4.0
ロックバンドあるある大事典映画 これが決して大袈裟じゃなくて似たような事が実際にあるのがロック界のクレイジーなところ 面白い死因でメンバーチェンジしていくくだりが凄い好きです
IユRA

IユRAの感想・評価

3.7
架空ロックバンド「スパイナルタップ」の偽ドキュメンタリー映画。モキュメンタリーってやつです。

いかにもバンドメンバーが言いそう飛んだ発言や、バンドっぽいエピソードなどなど、偽物ですよ。って言われなきゃ気づかない見た目、音楽、設定と全てが凝ってました。

ロックバンドが好きな人は楽しめると思いますが、好きじゃない人が見たらピンとこないかも知れません。エンドロールに流れるインタビューが笑えました。

まあ、ロバートの秋山さんがやってるクリエイターズファイルの方が10倍面白いんですけどねー。ロブライナーさんすみません。

それにしても、彼の作品は多様ですね〜
監督ロブ・ライナーは多才ですね。
名作“スタンドバイミー”
傑作“恋人たちの予感”
怪作“ミザリー”
どれも好きな作品です。

で、今回の珍作
“スパイナルタップ”
架空のロックバンド、スパイナルタップを追ったドキュメンタリー映画。モキュメンタリーですね。インタビュアーをロブ・ライナー自身が演じています。
レッドツェッペリンやエアロスミスを彷彿とさせるスパイナルタップのメンバーを通して見せてくれるのは“ロックバンドあるある”です。
ロック好きはニヤリと笑うネタがたくさん。これもまた好きな作品です。
昔劇場で見た『アンヴィル』。
スパイナル・タップを参考にしてる?というのがわかった。
発注ミスしたセット、所々のハプニングが面白い。ラストの日本でのライブという構成も参考にしたのかな。
私だったらストーンヘンジの小人達を
処刑するだろう byオジー・オズボーン