HiromiKawasaki

パッションのHiromiKawasakiのレビュー・感想・評価

パッション(1919年製作の映画)
4.4
実際に当時の言語を話して役作りした精神とかすごいと思った あとはただただ痛くて泣いた