脅迫者の作品情報・感想・評価

「脅迫者」に投稿された感想・評価

町を牛耳るヤクザ(R・ライアン)に、高潔な警察署長(ミッチャム)に三流クラブ歌手に新聞記者。こてこてのド定番ノワールだが、だからこそ面白い。
ショットは弱いものの、ミッチャムが自宅を出るや否や背後で家が吹っ飛ぶのをワンカットに納めたショットは◎。
 あまりぱっとしない映画だが、主演のロバート・ミッチャムとロバート・ライアンはやっぱり大したもんだと思う。そして実は二人と同じくらいフィーチャーされている男、ウィリアム・タルマン。結構濃い顔で、どこかで見たはずだが……と思い検索してみたら、この人『ヒッチハイカー』の殺人者役だ!

 以下余談。
 ウィリアム・タルマンはハリウッドではじめて禁煙推奨CMに出演した俳優とのことである。見てみるとなかなかキツイCMで「わたしは肺がんである、死ねば家族も何も失われる、たばこを吸うとえらいことになるんだぞ」などと本人が説くのだが、このCMがオンエアされた数週間後、タルマンは実際に肺がんで死んでしまう。いわば命を賭してのメッセージだったわけだが、ここにさらにオチがつく。夫を失ったタルマンの奥さんは禁煙していたのだが、数年後に喫煙を再開。そして彼女もまた、肺がんで死去したのだとか。