ニースについての作品情報・感想・評価

ニースについて1930年製作の映画)

A PROPOS DE NICE

製作国:

上映時間:25分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ニースについて」に投稿された感想・評価

ジャンヴィゴは重力の作家である。空撮でとらえられた街や海、ローアングルから眺めたダンサーや煙突、またオーバーラップによって裸の女や日焼けした男に変わる様子にある種のメタモルフォーゼ的な興味があるのではないか。アニメ作家みたい
nccco

ncccoの感想・評価

3.5
イメフォのジャン・ヴィゴ特集にて。彼の作品の中でこれがダントツに一番好き。
ニースの光景をひたすらに映し撮っていく無音のフィルム。でもその映像の、なんと雄弁なことか。

輝く渚、富めるものとそうでないもの、綺麗なものと汚いもの。
ブルジョワジーへの皮肉もさしこみつつ、お祭り騒ぎに浮かれちゃって一緒に踊ろうよ的な庶民の眼差しが楽しい。
船上のダンスを見上げるシーンがなんとも美しい。

極上の映像体験。ああほんとうに、最高。何度でもリピートして観たい。
lag

lagの感想・評価

4.7
花火と空撮で幕開ける。解き放たれたカメラ。俯角。仰角。すれ違う人々。着せ替え。踊る女史。動物たち。素敵な伴奏。衝撃と畏怖。
ニースについて、最高。映画を通じて"昔"を知れることは本当に素晴らしいと思う。こういう映画を沢山観たいなあ。一応ジャン・ヴィゴ制覇。
Hiro

Hiroの感想・評価

3.6
映像は雄弁。
Bigs

Bigsの感想・評価

4.1
元町映画館 ジャンヴィゴ監督特集
す

すの感想・評価

3.9
まったくの無声映画。23分くらいで短い。富裕層、貧困層と2つのひとの笑うときの顔が印象的。あと座る女性のショットも。
1930年にすでにこんな映像で色々できたという発見があった。
ぎぎぎ

ぎぎぎの感想・評価

2.0
ぼーっと見てたがたぶんセンスの塊ってやつなんだろう。余計なよーわからん音楽がついてた。
eigajikou

eigajikouの感想・評価

4.3
ここで既にこのカメラワーク
Mypage

Mypageの感想・評価

-
なぜかめをはなせない
はやおくり
みることについて
どうやって
>|