ブリジット・ジョーンズの日記の作品情報・感想・評価・動画配信

ブリジット・ジョーンズの日記2001年製作の映画)

Bridget Jones's Diary

上映日:2001年09月22日

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.6

「ブリジット・ジョーンズの日記」に投稿された感想・評価

335

335の感想・評価

3.7
ブリジットが何でも思ったまま行動しちゃってヤバイけどキュートなの!結ばれてよかったー。
Kazu

Kazuの感想・評価

4.4
面白い
みてない人は絶対見て❣️
瑞希

瑞希の感想・評価

3.2
失敗繰り返すのが現実味あって好き!
予想外なこと沢山する主人公についていけない笑
notcinefil

notcinefilの感想・評価

2.5
「高慢と偏見」のアダプテーション(翻案)映画ということで手をつけたんですけど、すっげえチグハグで変。なぜなら主人公が「高慢と偏見」のベネット家の次女リジーから下のバカで愚かな3人の妹をミックスさせたようなキャラだから。

キャラクターが知性的なリジーじゃないと成立し得ないのに、リジーから妹に主人公の性格改変したままストーリー展開や人間関係は「高慢と偏見」の大まかな流れに沿って進むのでめちゃくちゃストレス溜まる。

この映画でヒュー様ヒュー様とヒュー・グラントブレイクした印象あるんですけど、このクズ役でブレイクなの?!マジで!?ヒュー・グラントとコリン・ファレルがビングリーとダーシーなのかと思ってたらヒュー様ウィッカムじゃん…前半ダーシーとエリザベスじゃなくてエリザベスに「何でバカな子なの!」「なんて愚かなの!」とキレられてたウィッカムとバカ妹のストーリーじゃん…これがウケるの…?

大衆受けを狙って身分は高くなくても知性あふれるエリザベスの存在を消して主役のキャラクターをバカ娘である妹に改変したのなら商売としてはうまいんだろうけど、私は完全にこれを持て囃す大衆から距離取らないと潰されてしまう。

私、自分で思ってた以上にエリザベスなんだわ。この世界から消されたエリザベス。本来のダーシーの相手役のエリザベスはとっつきにくいからもっと等身大の女の子を受け入れる夢物語にしよう!ってそれエリザベスというかジェーン・オースティンに対する侮辱行為だよな。ペンバリー・プレスとかBBC版ビングリーのクリスピン・ボナム=カーターとかそういう小ネタ偶然友達が見つけてて拾うの楽しいのかなと思ってたらひたすらゲンナリした。
「高慢と偏見」でバカにされてた娘がバカにしてた姉の主役の座を引き下ろして自分が座るってこれ反知性主義のクーデターだろ…ダーシーがこんなのに惚れるわけねえだろ…でも普通の人ってこんな身勝手な妄想してるもんなの…?
普通の人ってものすごく厚かましいんだな、いやそれが普通なのだとしたら私が繊細すぎるだけなのか。頭痛くなってきた、この頭痛はきっと「高慢と偏見」作中でリジーが感じてたものと一緒だな…
yummmi

yummmiの感想・評価

-
お勧めされててやっとみた。
ブルースープがかわいい
ブリジットと同世代で見れてよかった!
ブリティッシュに憧れる
tsut

tsutの感想・評価

3.0
みた
面白かった
内容の記憶が全くない
また見たい
shamcafe

shamcafeの感想・評価

3.6
良かったですね
24

なんか共感。
>|