夏来

苦役列車の夏来のレビュー・感想・評価

苦役列車(2012年製作の映画)
3.6
ろくでなしがろくでなしなりの夢なり愛なりを見つけようとみっともなくもがく、ろくでもない映画。
とにかく演出が細かく、キャストがどんぴしゃ。物を口に含みながら目を見ずにつっかえつっかえ喋る森山未来の汚らしさときたら、まるで演技じゃないかのような自然さ。田舎から出てきた純真なおぼっちゃん役の高良健吾もまさになハマリ役。前田敦子は、できたら最初から女優としての彼女が観たかったなあと思えた。
音楽いいなあ、と思ったら全編スチャダラパーのSHINCOさんが担当していたようです。
三軒茶屋シネマで観たんだけど、映画の雰囲気とぴったり過ぎる映画館で、幸せな鑑賞体験をさせてもらいました。