メル

恋愛準決勝戦のメルのレビュー・感想・評価

恋愛準決勝戦(1951年製作の映画)
3.9
ブロードウェイで大人気のダンサー、ヴォーエン兄妹がエリザベス女王の御成婚で沸きかえるロンドンで公演を行うという話。

アステアの妹役はジェーン・パウエル。
ダンスはもちろん、オペラ歌手のような高音の歌声が美しい。

いつもの様にダンスシーンは優美あり、コメディーありで色々見せてくれる。嵐で大揺れの船内のダンスに笑い、コートハンガーを使ったアイデアに感心し、床から壁へ壁から天井へとぐるりと踊り続けるアステアに驚く。「このアイデアは後にスピルバーグがポルターガイストで使った」と水野晴郎さんは解説してます。

そして恋の方のお相手はサラ・チャーチルというイギリスの女優さんで、なんとウィンストン・チャーチル元首相の次女というからこれは驚き!

ここ数日ヘンリー王子とメーガン・マークルさんの結婚式の映像が流れているけれど、今作でも馬車のパレード、御成婚を祝う沿道の人の波…と70年前の英国中の喜びが伝わって来る。
そして王室の結婚式に感動して結婚したくなっちゃうカップルが良い!

手元のDVDでは原題のままの「ロイヤル・ウェディング」なのでFilmarksでこんな不思議な題が付いていてビックリ!(笑)