Hero

ロッキー5/最後のドラマのHeroのレビュー・感想・評価

ロッキー5/最後のドラマ(1990年製作の映画)
2.0
フ○テレビの○pponグランプリという大喜利番組を観ていた時の話です。
お題『「牛乳は噛んで飲むといい」みたいなことを教えてください。』
おぎやはぎの小木「ロッキー5は観なくてもいい。」
みたいなやりとりがありました。
僕は今日実感しました。
『ロッキー5』は観なくてもいい。
小木さん、その通りだ笑。

そんな『ロッキー5』をディスっていきます笑。
ドラゴとの死闘の末、脳に障害を負ってしまったロッキーはボクサーを引退せざるを得なくなりました。そして、フィラデルフィアに戻ることに。この帰郷の理由がまた無理矢理。しかし、フィラデルフィアの街並みで、傑作『ロッキー』を思い出すんです!さらに、ジムでミッキーとの思い出を回想するシーンとか最高ですやん!おい、小木嘘つくな、とか思ってました。ここからですよ、突然現れたトミーというアマチュアボクサーとの師弟関係、それに嫉妬するロッキーJrとの親子関係。描くのはいいですよ、でも描いたんならもっと深く丁寧に、二兎を追う者は一兎をも得ず状態になってるよ。そして、オチのつけ方がわからなくなったのか、なんですかあのラストシーンは???、完全にロッキーシリーズに泥を塗りましたね。呆れる通り越して爆笑ですよ。ネタが尽きたのに作るから無理矢理感が出て気持ち悪いんですよ笑。5だけでなく、4もギリギリのラインですけどね笑。

文句は言ってますが好きですよロッキーシリーズ!←媚売ってる。
さぁ、次はいよいよ『ロッキー・ザ・ファイナル』。期待してますよ!