ロッキー5/最後のドラマの作品情報・感想・評価

ロッキー5/最後のドラマ1990年製作の映画)

ROCKY V

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.3

あらすじ

「ロッキー5/最後のドラマ」に投稿された感想・評価

NO4

NO4の感想・評価

3.9
観てなかったんだよな。
だってロッキーがリングに上がらないんだから。そんな理由で避けてきた自分のミステイク。ロッキーを単なるボクシング映画としてしか理解していなかった自分の読解力のなさ。でも仕方ない部分もある。『ロッキー4』を友だちと映画館に観に行ったのは小6の頃だったか。ドラゴをぶっ倒す姿にそれはそれは熱くなったんだから。
本作では引退に追い込まれ破産して弟子にも裏切られて、散々なロッキー。それでも人生において大切なものに気づかされ前を向くロッキー。自分も父親になり、そんなロッキーの姿に己を重ねたら、そりゃ泣くでしょうよ。
keko

kekoの感想・評価

3.0
ロッキーシリーズを観直そう月間

今作は、シリーズの中で一番苦手💦
だって、ロッキーが可愛そ過ぎるから😭

稼いだお金は騙し取られるし、
兄弟のように愛を注いで育てた弟子には、裏切られ、、、
そのせいで息子を放ったらかしにして、息子も父親に反抗、、、

いつもの試合シーンも、弟子との殴り合いに変わり、、、

何だか観ていて辛くなる。

でも!これがあるから、ファイナルへと続くんだ!!

次はいよいよファイナル!
WADE

WADEの感想・評価

3.0
トミー腹立つわぁ
ジュニアとあのいじめっこ達いきなり仲良くなるやん
tsuyoshibu

tsuyoshibuの感想・評価

3.4
※記録用
Otun

Otunの感想・評価

3.1
年末。私は連れ合いを真のロッキー信者にするべく、このシリーズを二人で観直すと決めた。
そして、その上で新年から劇場公開予定のクリード2をテンションMAXで一緒に観に行くんだ。そうワクワク思っていた。

がしかし。時は、年末から年度末。
互いに仕事に忙殺され続け、二人でのロッキー鑑賞は遅々として進まなかった。
そして、気がつくと、私が心底楽しみにしていたクリード2は劇場公開を終えていた。

そんなね、現在、3月中旬の暖かな昼下がり。私は今、こんな事を思っています。
『こんなんやったら連れ合いと一緒になんて観直さず、1人だけで、1人だけで観直して、1人だけで劇場観に行くんやったぁぁぁぁぁっっ!!!』。
ええ。もちろん、んな事、連れ合いには言いません。言えません。無論。
とまぁ、そんなこんなでも、ようやくの『ロッキー5』再鑑賞。初レビュー。

まぁ、シリーズNo.1の駄作と名高い今作。
この評価の是非は、やはり冒頭に詰まっていると思うのです。
今作は、過去作と同様、前回のダイジェストから始まります。
相手は、米ソ冷戦下での、ソ連のドラゴ。近代ボクシングを体現する殺人マシーンの様な大男。強かった。強かったドラゴ。
が、アポロへの友情と、持ち前の不屈の精神で辛くも勝利をもぎ取ったロッキー。その彼が満身創痍でアメリカに戻る。
息子が飛行場に迎えに来ているとのこと。あの、かわいいかわいいロッキーjr。そら、一刻も早く会いたいよね、ロッキー。ああ嬉しそうだ、ロッキー。ほら、来たよロッキー。
あのエイドリアン似の金髪がよく似合う、あのかわいいロッキーjrだよ。
ほら、金髪の、、。あれ、金髪の、、。くろ、いね、金髪。黒いね。なんだろ、試合直後に染めたのかしら。
いや、ロッキー。
いや、これ、ロッキー、息子じゃないね。他人だね。他人だよ。しっかりしてロッキー。目を覚ましてロッキー。

ここでロッキーがこの息子の様な少年に
『おい、ちょっと待て。一体全体、お前だれやねん』と一言発してさえいれば、今作のタイトルは、「ロッキー5」でなく、「チェンジリング」になっていた事でしょう。
が、ロッキーは言いません。そりゃ、そーだ。
だって、今作は「ロッキー5」ですもの。
しかも、この偽ロッキーjr。なんとスタローンの実子らしい。モノホンスタローンjr!
ややこしいわ。

今作の物語の肝は、実在したアメリカボクシング界の大物プロモーター、ドン・キング(タイソンとかのプロモーターね)をモデルにした男の圧政に屈しないロッキーをまぁ、描いている訳なんですが、

いやいや、スタローン。
実の息子を無理矢理キャスティングしちゃって、お前さんが一番大物プロモーターみたいなことやっちゃってんじゃん、と鑑賞後、私はそんな事を思ったのでした。

このレビューはネタバレを含みます

ロッキーシリーズの何が一番好きか考えると、素直で実直で優しいロッキーの人間性が好きなのかも。
妻の助言を聞き入れられる人ってなかなかいないと思うし、なにが一番大切か立ち戻れるところがすごい。

1~4の流れを汲んだ5は、定石通りではずれではないけど、弟子のキャラクターが雑だったのが惜しかった。
青猫

青猫の感想・評価

-
ストリートファイターロッキー!
作品としての集大成なのは認めるが。
蛇足の駄作なのは否めない。
>|