CK3

山椒大夫のCK3のレビュー・感想・評価

山椒大夫(1954年製作の映画)
3.9
名作、30年ぶりだろうか再見

計算され尽くした構図と宮沢一夫の巧みなカメラワークがもたらす映像演出は素晴らしい
佐渡の美しい海の情景がモノクロなのに色鮮やかと思ってしまうほど
安寿が入水するシーンがその水面の波紋までも神秘的で悲しく、涙をそそる。
今から約50年以上も前の映画ではあるが、時間を費やし撮影した本物の情景は時代を経ても色褪せない